刺国若比売(サシクニワカヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>サシクニワカヒメ
スポンサードリンク

サシクニワカヒメ

漢字・読み刺国若比売
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
オオクニヌシの母親。
オオクニヌシ八十神に殺されたり、追い詰められると救いの手を差し伸べる。
●名前は一度しか登場しない。
●古事記にしか登場しない。

物語・由来

刺国若比売(サシクニワカヒメ)は大国主(オオクニヌシ)の母親で、天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)の妻。父親が刺国大神(サシクニオオカミ)。
古事記にしか登場しない。
オオクニヌシは兄弟である八十神に殺されます。それを生き返らせるように骨を折ったのが母である刺国若比売(サシクニワカヒメ)です。しかし、古事記にはこれ以降「刺国若比売(サシクニワカヒメ)」という名前は登場しません。「御祖(ミオヤ=母親)」という言葉でしか登場しません。まぁ、深い意味は無いかもしれないけど。
名前からの推測
正体ははっきりしません。私はサシクニの「サ」は稲霊を表し、サシクニワカヒメはイナダヒメクシナダヒメに近い農業神だと考えています。
スポンサードリンク

引用

并せて五つの名有り
この神(アメノフユキヌ神)が刺国大神(サシクニオオカミ)の娘の刺国若比売(サシクニワカヒメ)を娶って生んだ子が大国主神(オオクニヌシ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集