葦原色許男神・葦原醜男(アシハラシコオ神)

MENU
TOP>用語・神名など>アシハラシコオ
スポンサードリンク

アシハラシコオ

漢字・読み葦原色許男神・葦原醜男
別名葦原色許男大神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
オオクニヌシの別名。
●古事記では葦原色許男神。葦原色許男大神
日本書紀では葦原醜男。
●葦原は日本を表し、シコオは強い男、強い霊力を持つ男、という意味。

物語・由来

葦原色許男神(アシハラシコオ神)はオオクニヌシの別名の一つ。芦原は葦の生える原という意味で、日本を指しています。葦は非常に生育の早いエネルギッシュな植物で、これに霊性を感じていたようです。

シコオというのは、おそらく「強い男」「強い霊力のある男」という意味でしょう。ヨモツシコメ黄泉醜女)と同じような名前の付け方です。古事記ではシコオに「色許男」という、「ハンサム」というニュアンスの漢字が当てられていますが、日本書紀には「葦原醜男」という黄泉醜女と同じ「醜」が当てられていることから、そもそもこの二つには共通するところがあったんだと思います。

シコオという名前を持つ別の人物に「伊迦賀色許男命(イカガシコオノミコト)」「穗積臣(ホヅミノオミ)の遠祖の欝色雄命(ウツシコオノミコト)」「物部連(モノノベノムラジ)の祖先の伊香色雄(イカガシコオ)」とあるので「シコオ」という名前は割とオーソドックスな名前なのかも。
スポンサードリンク

引用

并せて五つの名有り
オオクニヌシには別名がありました。
ある名は大穴牟遅神(オオナムチ神)。
ある名は葦原色許男神(アシハラシコオ神)。
ある名は八千矛神(ヤチホコ神)。
ある名は宇都志国玉神(ウツシクニタマ神)。
合わせて5つの名前がありました。

葦原色許男と謂ふぞ
大神(=スサノオのこと)は御殿を出て見て、
「あれは葦原色許男(アシハラシコオ)というぞ!」
と言いました。
すぐにオオナムチを御殿に呼び入れて
蛇の部屋に寝かせました。

アシハラシコオと兄弟となって
オオクニヌシが神産巣日御祖命カミムスビ神)に小名毘古那神(スクナヒコナ)のことを報告すると、
「これは正に、わたしの子だ。
子供の中で、私の指の間から漏れこぼれた子だ。
お前は葦原色許男命(アシハラシコオノミコトと兄弟となって
その国を作り固めなさい」
と言いました。

第八段一書(六)-1百姓は現在までその恩恵を受けています
ある書によると…
大国主神(オオクニヌシ)、別の名を大物主神(オオモノヌシ)、もしくは国作大己貴命(クニツクリシオオナムチノミコト)、もしくは葦原醜男(アシハラシコオ)、もしくは八千戈神(ヤチホコノカミ)、もしくは大国玉神(オオクニタマノカミ)、もしくは顯国玉神(ウツシクニタマノカミ)といいます。オオクニヌシの子供は一百八十一神(モモハシラアマリヤソハシラアマリヒトハシラノカミ=181柱の神々)いました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集