孝徳天皇(六十六)薩麻の曲と竹嶋の間で遣唐使の船が難破

MENU
TOP>孝徳天皇(日本書紀)>孝徳天皇(六十六)薩麻の曲と竹嶋の間で遣唐使の船が難破

孝徳天皇(六十六)薩麻の曲と竹嶋の間で遣唐使の船が難破

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

(即位9年)秋7月。大唐(モロコシ)に派遣された使者の高田根麻呂(タカタノネマロ)たちは、薩麻(サツマ)の曲(クマ=隈=大隅半島?)・竹嶋(タカシマ=鹿児島の竹島)の間に、船が座礁して、水没して死んでしまいました。ただ5人だけが生き残って、胸に板を付けて、竹嶋に流れつきました。どうしようもありませんでした。5人の中に門部金(カドベノカネ)は竹を採って、筏(イカダ)を作って、神嶋(シトケシマ=屋久島の西の上甑島?備前西南海の神島?)に停泊しました。この5人は6日6夜が経っても、飯を食べられませんでした。それで金を褒めて、位を進めて禄を与えました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

遣唐使の船が鹿児島に座礁?
ということは、遣唐使の船は朝鮮半島を経由していなかったということになります。瀬戸内海から関門海峡を抜けて、朝鮮半島に行くならば鹿児島に流れ着くはずがない。最初から、鹿児島→沖縄→台湾→中国という経路が一般的だったのでしょう。この経路は各都市が発展していて、そこで食料の調達も可能だった。
そう考えないと不自然です。
スポンサードリンク

原文

秋七月、被遣大唐使人高田根麻呂等、於薩麻之曲・竹嶋之間合船沒死。唯有五人、繋胸一板流遇竹嶋、不知所計。五人之中、門部金、採竹爲筏泊于神嶋。凡此五人、經六日六夜而全不食飯。於是、褒美金進位給祿。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集