木俣神(キマタ神)

MENU
TOP>用語・神名など>キマタ神
スポンサードリンク

キマタ神

漢字・読み木俣神
別名コノマタノカミ・コノマタノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
オオナムチオオクニヌシ)とヤガミヒメの間の子。
●古事記にしか登場しない。

物語・由来

木俣神(キマタ神)はオオナムチ(=オオクニヌシ)と八上比売(ヤガミヒメ)との間に生まれた神。別名が御井神(ミイ神)。

オオナムチは正妻にスサノオの娘のスセリビメを迎えます。このスセリビメがすごい嫉妬深くて、恐ろしい女神だったので、八上比売(ヤガミヒメ)は生まれたばかりの木俣神(キマタ神)を「木の股」に挟んで置いて実家に帰ってしまいます。
木の股の意味
これはおそらく、子供を木の股に挟むという「子供の健康を願う儀式」があったから、じゃないかと思います。七五三のような、子供の成長を願う儀式です。

その別名が「御井神」という神様です。この神は「赤ん坊が最初に浸かる産湯」の神様です。よってこの2神は子供の成長を願う問いう共通項を持つ名前ってことです。
スポンサードリンク

引用

正妻におびえるヤガミヒメ
八上比売(ヤガミヒメ)は須勢理毘売(スセリヒメ)を恐れて、生まれたこともを木の股に挟んで因幡に帰ってしまいました。

その子供は木俣神(キマタ神)…別名を御井神(ミイ神)といいます。

神社や関連する土地

御井神社(出雲市)
御井神社(養父市)
御井神社(宇陀市)
津田神社(多気町)
五百井神社(栗東市)
気多若宮神社(飛騨市)
御井神社(各務原市)
御井神社(養老郡養老町)
大井神社(亀岡市)
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集