日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテルヌカタビチオイコチニ神)

MENU
TOP>用語・神名など>ヒナテルヌカタビチオイコチニ
スポンサードリンク

ヒナテルヌカタビチオイコチニ

漢字・読み日名照額田毘道男伊許知邇神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●鳥鳴海神(トリナルミ神)の妻。
●国忍富神(クニオシトミ神)の母。
●古事記にしか登場しない。
●男という字があるが女神。
●農業神だと思われる。

物語・由来

日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテルヌカタビチオイコチニ神)は、オオクニヌシの子孫である鳥鳴海神(トリナルミ神)の妻で、国忍富神(クニオシトミ神)の母。名前が長くて「男」という字がついているので「男神」のような気がしますが、「娶られている」ので女神です。
古事記にのみ登場。正体は不明。
名前からの推察
ヒナテルというのは同じような名前の神が「建比良鳥命(タケヒラトリ)」の異名にあります。武日照命(タケヒナテルノミコト)・武夷鳥命(タケヒナドリノミコト) ・天夷鳥命(アメノヒナドリノミコト)・天日照命(アメノヒナデリノミコト)です。これらは明らかに「太陽神」と「鳥」の要素を持っています。

日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテルヌカタビチオイコチニ神)も夫は鳥鳴海神(トリナルミ神)。鳥鳴海神(トリナルミ神)の母親は鳥取神(トトリ神)と、「鳥」がらみであることを考えると、この神は「太陽神」+「鳥」という要素を持っているのだと思います。

次の「額田」は、地名か地形でしょう。額田は「ぬかるんだ田んぼ」を意味して、非常に田に適した土地として豪族にとって有意義なものでした。だから「額田」という言葉が「神の名前」に差し込まれていても不思議じゃありません。ちなみに、推古天皇の幼名が「額田部皇女」だったり、天武天皇の妃の一人が「額田王」とあるのは、「額田」という言葉が神聖なニュアンスを持っていたのもあるでしょう(出身地からかもしれないけど)。

あとはまーよく分かりませんが、農業神だというのは間違い無いでしょう。そう考えると大国主の系譜の神はほとんど農業神なんですよね。
スポンサードリンク

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この鳥鳴海神(トリナルミ神)が日名照額田毘道男伊許知邇神(ヒナテルヌカタビチオイコチニ神)を娶って生んだ子は国忍富神(クニオシトミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集