葦那陀迦神(アシナダカ神)

MENU
TOP>用語・神名など>アシナダカ
スポンサードリンク

アシナダカ

漢字・読み葦那陀迦神
別名八河江比売(ヤガハエヒメ)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
●女神。
●国忍富神(クニオシトミ神)の妻。
●速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)の母。

物語・由来

葦那陀迦神(アシナダカ神)はオオクニヌシの子孫の国忍富神(クニオシトミ神)の妻。速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)を産みました。別名が八河江比売(ヤガハエヒメ)。
●ネットで調べると八河沼比売(ヤカワヌナヒメ)も別名にあるとか、オオクニヌシの妹とかあるのですが、ちょっと記紀には記述が見当たらないです。

アシナダカ神という名前の語源は「植物の葦(アシ)」「ナ=大地」「高い」で、アシがスクスク高く育つ土地ですよ、という意味でしょう。アシは生育が非常に早く、古代の日本では神聖視されました。
そう考えると「オオクニヌシ」とニュアンスは近い性質の神です。オオクニヌシの別名には「アシハラシコオ」というのもありましたしね。葦那陀迦神(アシナダカ神)は女神ですけど。
スポンサードリンク

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この国忍富神(クニオシトミ神)が葦那陀迦神(アシナダカ神)、別名、八河江比売(ヤガハエヒメ)を娶って産んだ子は速甕之多気佐波夜遅奴美神(ハヤミカノタケサハヤジヌミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集