多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)

MENU
TOP>用語・神名など>タヒリキシマルミ
スポンサードリンク

タヒリキシマルミ

漢字・読み多比理岐志麻流美神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
オオクニヌシの子孫。5世孫にあたる。
●古事記にしか登場しない。
●父親は甕主日子神(ミカヌシヒコ神)。
●母親は比那良志毘売(ヒナラシヒメ)。
●妻は活玉前玉比売神(イクタマサキタマヒメ神)。
●子は美呂浪神(ミロナミ神)。

物語・由来

多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)は、大国主(オオクニヌシ)の子孫。父親は甕主日子神(ミカヌシヒコ神)で、母親は比那良志毘売(ヒナラシヒメ)。
妻が活玉前玉比売神(イクタマサキタマヒメ神)で、その間に生まれた子が美呂浪神(ミロナミ神)。
古事記でしか登場しないし、活躍が一切ないので性質は全然わからない。
スポンサードリンク

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この甕主日子神(ミカヌシヒコ神)が淤迦美神(オカミノカミ)の娘の比那良志毘売(ヒナラシヒメ)を娶った生んだ子が多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)です。

この多比理岐志麻流美神(タヒリキシマルミ神)が比々羅木之其花麻豆美神(ヒヒラギソノハナマヅミ神)の娘の活玉前玉比売神(イクタマサキタマヒメ神)を娶って産んだ子が美呂浪神(ミロナミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集