敷山主神(シキヤマヌシ神)

MENU
TOP>用語・神名など>シキヤマヌシ
スポンサードリンク

シキヤマヌシ

漢字・読み敷山主神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
●沼馬沼押比売(アオヌウマヌオシヒメ)の親。
●山の神だと思われます。
●詳細は不明の神。

物語・由来

敷山主神(シキヤマヌシ神)は、大国主の子孫である美呂浪神(ミロナミ神)の妻である沼馬沼押比売(アオヌウマヌオシヒメ)の親。性別はわからないが、シキヤマヌシという名前である以上は、「山」の神だと思われます。日本では伝統的に「山の神」とは「女神」なので、女神の可能性は十分あります。

古事記にしか登場しない。

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この美呂浪神(ミロナミ神)が敷山主神(シキヤマヌシ神)の娘の青沼馬沼押比売(アオヌウマヌオシヒメ)を娶った生んだ子が布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集