布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)

MENU
TOP>用語・神名など>ヌノオシトミトリナルミ
スポンサードリンク

ヌノオシトミトリナルミ

漢字・読み布忍富鳥鳴海神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
オオクニヌシの子孫。
●正体はよくわからない。

物語・由来

布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)は大国主(オオクニヌシ)の子孫の一人。
父親は美呂浪神(ミロナミ神)。
母親は青沼馬沼押比売(アオヌウマヌオシヒメ)。
妻が若尽女神(ワカツクシヒメ神)。
子供が天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)。
古事記にしか登場しない。
名前から考える
トリナルミという神がオオクニヌシの系譜の中に登場します。日本人は異界から神がやってきて、それは田畑に宿って穀物が育つと考えていました。じゃあ、どうやって異界からやってくるのかというと、「鳥に乗って」と考えていた地域がありました。出雲の神話に「鳥」が頻出するのはその辺りが関係しているわけです。

それで布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)のトリナルミはおそらく、海を越えて渡り鳥が穀物霊を連れてくることを神格化した名前なんでしょう。ヌノオシトミはよく分かりませんけど、「トリナルミ」を讃える名前だと思います。
スポンサードリンク

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この美呂浪神(ミロナミ神)が敷山主神(シキヤマヌシ神)の娘の青沼馬沼押比売(アオヌウマヌオシヒメ)を娶った生んだ子が布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)です。

この布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)が若尽女神(ワカツクシヒメ神)を娶って生んだ子が天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集