若尽女神(ワカツクシヒメ神)

MENU
TOP>用語・神名など>ワカツクシヒメ
スポンサードリンク

ワカツクシヒメ

漢字・読み若尽女神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
●正体は不明。
オオクニヌシの子孫の布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)の妻。

物語・由来

若尽女神(ワカツクシヒメ神)は、オオクニヌシの子孫である布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)の妻で、天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)の母親です。
名前から考える
ツクシというと九州の筑紫が連想されます。ツクシの語源は「ミミズク」の「木兎(ツク)」からとも、この世の果てという意味での「尽くし」からとも、言われています。

若尽女神(ワカツクシヒメ神)の夫は布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)という鳥に関わる名前です。ですから若尽女神(ワカツクシヒメ神)のツクシは鳥の名前という可能性は十分あると思います。

ところで、日本では異世界から穀物霊がやってきて、里の田畑に宿って作物が育つとされます。その穀物霊を連れてくるのが出雲では「鳥」だったのでしょう。鳥は異世界から来る、その異世界ってのは海の向こうです。つまり「世界の果て」、つまり「尽くし」です。

だから「木兎」とこの世の果てという意味の「尽くし」ってのは、もしかしたら同じような意味だったんじゃないかと思います。
スポンサードリンク

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この布忍富鳥鳴海神(ヌノオシトミトリナルミ神)が若尽女神(ワカツクシヒメ神)を娶って生んだ子が天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集