遠津待根神(トオツマチネ神)

MENU
TOP>用語・神名など>トオツマチネ
スポンサードリンク

トオツマチネ

漢字・読み遠津待根神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
●正体は不明の女神。
オオクニヌシの子孫の天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)の妻。

物語・由来

遠津待根神(トオツマチネ神)は大国主(オオクニヌシ)の子孫の天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)の妻。遠津山岬多良斯神(トオツヤマサキタラシ神)の母親。
親が天狭霧神(アマノサギリ神=アメノサギリ神)です。

古事記にしか登場せず、正体は不明。

引用

鳥鳴海神以下の系譜
この天日腹大科度美神(アメノヒバラオオシナドミ神)が天狭霧神(アマノサギリ神=アメノサギリ神)の娘の遠津待根神(トオツマチネ神)を娶った産んだ子が遠津山岬多良斯神(トオツヤマサキタラシ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集