神活須毘神(カミイクスビ神)

MENU
TOP>用語・神名など>カミイクスビ
スポンサードリンク

カミイクスビ

漢字・読み神活須毘神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●古事記にしか登場しない。
●大年神の妻の伊怒比売(イノヒメ)の親。

物語・由来

神活須毘神(カミイクスビ神)は、大年神(オオトシ神)が娶った伊怒比売(イノヒメ)の親。性別は不明。古事記にしか登場しない。

ちなみに大年神はスサノオと神大市比売(カムオオイチヒメ)との間の子。


カミイクスビとよく似た名前の神様に「クマノクスビ」という神がいます。クマノクスビの「クマ」は「隅」という意味で、見えないって意味があります。見えないものとはつまり「神」です。だから「クマ」と「神」はそもそもの語源が同じとも言われます。だから「カミイクスビ」と「クマノクスビ」はかなり近い意味を持った神だと思われます。

クスビの意味合いは「クマノクスビ」のページを見てください。色々と考えると、カミイクスビは「農業神」と思われます。娘の夫が大歳神8オオトシガミ)というバリバリの農業神ですしね。
スポンサードリンク

引用

オオトシ神の系譜
大年神(オオトシ神)が、神活須毘神(カミイクスビ神)の娘の伊怒比売(イノヒメ)を娶って産んだ子は大国御魂神(オオクニミタマ神)。
次に韓神(カラ神)。
次に曽富理神(ソホリ神)。
次に白日神(シラヒ神)。
次に聖神(ヒジリ神)。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集