天武天皇(二十三)瀬田の攻防・橋の板・将軍の智尊と大分君稚臣

MENU
TOP>天武天皇(日本書紀28)>天武天皇(二十三)瀬田の攻防・橋の板・将軍の智尊と大分君稚臣

天武天皇(二十三)瀬田の攻防・橋の板・将軍の智尊と大分君稚臣

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

(即位元年)7月22日。男依(オヨリ)たちは瀬田(セタ=近江国栗太郡勢多郷=滋賀県栗太郡瀬田町)に到着しました。その時、大友皇子と群臣(マヘツキミ=臣下)たちは、ともに橋の西に陣営を敷いて、大きな陣を成していました。後方が見えないほどでした。旗旘(ハタ)が野を隠して、埃塵(チリ)が天に舞い上がっていました。鉦皷(カネツヅミ=金属の太鼓)の音が数十里(アマタノサト)に聞こえました。列をなした弓が乱れ打つと、矢が雨のように降りました。その将軍の智尊(チソン)は精鋭の兵を率いて、先鋒として防衛しました。橋の中を切断し、3丈(ミツエ)ほどだけにして、一つの長板を置きました。もしも板を踏んで渡る者がいれば、すぐに板を引いて、落とそうとしました。それで進んで襲撃することが出来なくなりました。勇猛果敢な士がいました。大分君稚臣(オオキダノキミワカミ)といいました。長い矛(ホコ)を捨てて、甲(ヨロイ)を重ねて着て、刀を抜いて、急いで板を踏んで渡りました。すぐに板に付けた綱を切って、矢を受けつつ陣に入りました。衆(イクサ=兵士)は混乱して、散って走って逃げました。止められませんでした。その時、将軍の智尊(チソン)が刀を抜いて、退き逃げるものを斬り殺しました。それでも止められませんでした。結局、智尊を橋の辺(ホトリ)で斬り殺しました。大友皇子と左右大臣たちは、なんとか免れて逃げました。男依(オヨリ)たちはすぐに粟津岡(アワヅノオカ)の下(モト)に軍を起こしました。この日に羽田公矢国(ハタノキミヤクニ)・出雲臣狛(イズモノオミコマ)は合流して、三尾城(ミオノキ=滋賀県高島郡)を攻めて降伏させました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

橋の真ん中の板
板を渡ろうとすると、板を引っ込めて、川に落とす。なんだか子供みたいな作戦ですよね。川を遡れば、渡れるところもあるでしょう。それでいいのですけど、そこを強行突破した「強者」がいた。大分君稚臣です。

大分君稚臣は板をササッと渡ってしまい、向こう側で大暴れ。しかし、いくらなんでも近江王朝側の兵士はひ弱過ぎませんか?? 一人、渡ってきたとはいえ、どう考えても有利は動かない。目の前の大分君稚臣を殺して、また板を引けばいいことです。

戦場だからパニックだった?

おそらく近江の兵士は「日本人」だった。日本人は穢れを嫌い、死穢を嫌います。だから人を殺すのはもとより、死体に触れることすら忌み嫌いました。だから日本人で兵士を幾ら集めても、東国の「穢れ信仰の無い」「異民族」の蝦夷から兵士を募った、大海人皇子の軍勢には敵わない。そういう意識があったんじゃないかと思います。だから、橋を壊して、「戦い」を避けた。しかし、一人がやって来るともうパニック。

ちなみに大分君稚臣は豊後、つまり九州の氏族。おそらくですが、彼らは熊襲の文化を踏襲していて、「穢れ」の感覚は薄かったんじゃ無いか?と思います。ま、仮説ですけどね。
スポンサードリンク

原文

辛亥、男依等到瀬田。時、大友皇子及群臣等、共營於橋西而大成陣、不見其後。旗旘蔽野、埃塵連天。鉦皷之聲聞數十里、列弩亂發矢下如雨。其將智尊、率精兵、以先鋒距之。仍切斷橋中須容三丈、置一長板。設有搨板度者、乃引板將墮。是以、不得進襲。於是、有勇敢士、曰大分君稚臣。則棄長矛・以重擐甲・拔刀急蹈板、度之。便斷着板綱、以被矢、入陣。衆悉亂而散走之、不可禁。時、將軍智尊、拔刀斬退者而不能止。因以、斬智尊於橋邊。則大友皇子・左右大臣等、僅身免以逃之。男依等、卽軍于粟津岡下。是日、羽田公矢國・出雲臣狛、合共攻三尾城、降之。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集