大香山戸臣神(オオカグヤマトミ神)

MENU
TOP>用語・神名など>オオカグヤマトミ
スポンサードリンク

オオカグヤマトミ

漢字・読み大香山戸臣神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●大年神(オオトシ神)と香用比売(カヨヒメ)の子。
●兄弟には御年神(オトシ神)。
●古事記にしか登場せず、正体不明の神。
●よく似た名前の神に香山戸臣神(カグヤマトミ神)がいます。

物語・由来

香山戸臣神(オオカグヤマトミ神)は、
父親が大年神(オオトシ神)。
母親が香用比売(カヨヒメ)。
兄弟に御年神(オトシ神)がいます。
古事記にしか登場しない。
正体不明の神。

天香山(アマノカグヤマ)に見られるように「カグヤマ」というのには、意味があるのでしょう。私は「火山」か、芳香のする木の生えた山のことか、そういう意味だと思います。
日本人は山に穀物神が住んでいて、その神が里の畑に宿って、穀物を育てると考えていました。その神が住む山でも、特別良い山を神格化したはずです。それが「カグヤマ」だったんじゃないか?と考えています。
香山戸臣神(カグヤマトミ神)
よく名前の神に香山戸臣神(カグヤマトミ神)がいます。香山戸臣神(カグヤマトミ神)は大年神(オオトシ神)と天知迦流美豆比売(アメチカルミズヒメ)の間の子で、大香山戸臣神(オオカグヤマトミ神)から見ると、腹違いの兄弟となります。
スポンサードリンク

引用

オオトシ神の系譜
大年神(オオトシ神)が香用比売(カヨヒメ)を娶った産んだ子は
大香山戸臣神(オオカグヤマトミ神)。
次に御年神(オトシ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集