波比岐神(ハヒキ神)

MENU
TOP>用語・神名など>波比岐神
スポンサードリンク

波比岐神

漢字・読みハヒキ神
別名婆比支神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●大年神(オオトシ神)と天知迦流美豆比売(アメチカルミズヒメ)の間の子。
●平安京の宮中の西院に祀られていた座摩神(ザマノカミ・イカスリノカミ)の1柱。
●古事記にしか登場しない。
●性別も正体も不明。

物語・由来

波比岐神(ハヒキ神)は大年神(オオトシ神)と天知迦流美豆比売(アメチカルミズヒメ)の間に生まれた神々の1柱。古事記にしか登場せず、正体不明。
平安京の宮中の西院に
平安京の西には座摩神(イカスリノカミ・ザマノカミ)という5柱の神々が祀られています。その神の1柱が、波比岐神(ハヒキ神)です。大年神と天知迦流美豆比売の間に生まれた兄弟神の阿須波神(アスハ神)も座摩神です。

座摩神というのはどうやら「守護神」という性質のようなのですが、だからと言って波比岐神(ハヒキ神)がどういう神なのかは正体不明です。座摩神の歴史は神武天皇の頃とされていてかなり古い。
スポンサードリンク

引用

鳴鏑を神体とする神
大年神(オオトシ神)が天知迦流美豆比売(アメチカルミズヒメ)を娶った生んだ子が ……

大山咋神(オオヤマクイ神)。別名を山末之大主神(ヤマスエノオオヌシ神)……

次は庭津日神(ニワツヒコ神)。
次に阿須波神(アスハ神)。
次に波比岐神(ハヒキ神)。
次に香山戸臣神(カグヤマトミ神)。
次に羽山戸神(ハヤマト神)。
次に庭高津日神(ニワタカツヒコ神)。
次に大土神。別名を土之御祖神(ツチノミオヤ神)。
以上9神です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集