大土神(オオツチノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>大土神
スポンサードリンク

大土神

漢字・読みオオツチノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●大年神(オオトシ神)が天知迦流美豆比売(アメチカルミズヒメ)を娶って生んだ神の1柱。
●古事記だけに登場し、日本書紀には名前がない。
●活躍はなし。
●別名が土之御祖神(ツチノミオヤ神)。
伊勢神宮に大土御祖神社というのがあるが、祀られている神が大土神ではない。

物語・由来

大土神(オオツチノカミ)は大年神(オオトシ神)が天知迦流美豆比売(アメチカルミズヒメ)を娶って生んだ神の1柱。性別不明。古事記にしか記載がなく、活躍もない。別名が土之御祖神(ツチノミオヤ神)とある以外の記載はない。

大土神では情報はないのですが大土御祖神社という神社が伊勢神宮の摂社にあります。ところがこの大土御祖神社に祀られている神が、大国玉命(オオクニタマ命)・水佐々良比古命(ミズササラヒコ命)・水佐々良比賣命(ミズササラヒメ命)と、大土神でも土之御祖神でもない。

おそらく大土神というのは、ざっくりとした「土の神」「大地の神」という名前なんだと思います。それが徐々に細分化されて、様々な大地の神になっていった。その中の一つに大国玉命(オオクニタマ命)があったのだろうと思います。
スポンサードリンク

引用

鳴鏑を神体とする神
大年神(オオトシ神)が天知迦流美豆比売(アメチカルミズヒメ)を娶った生んだ子が ……

大山咋神(オオヤマクイ神)。別名を山末之大主神(ヤマスエノオオヌシ神)……

次は庭津日神(ニワツヒコ神)。
次に阿須波神(アスハ神)。
次に波比岐神(ハヒキ神)。
次に香山戸臣神(カグヤマトミ神)。
次に羽山戸神(ハヤマト神)。
次に庭高津日神(ニワタカツヒコ神)。
次に大土神。別名を土之御祖神(ツチノミオヤ神)。
以上9神です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集