若山咋神(ワカヤマクイ神)

MENU
TOP>用語・神名など>若山咋神
スポンサードリンク

若山咋神

漢字・読みワカヤマクイ神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
羽山戸神(ハヤマト神)が大気都比売神(オオゲツヒメ神)を娶って生んだ神の1柱。
●山の神と穀物の神の間に生まれた神で、若山咋神(ワカヤマクイ神)はその両方の性質を強く持っていたと思われる。
●古事記以外に記述がないので正体不明。
●性別も不明。

物語・由来

若山咋神(ワカヤマクイ神)は羽山戸神(ハヤマト神)が大気都比売神(オオゲツヒメ神)を娶って生んだ神の1柱。

羽山戸神(ハヤマト神)は大年神(オオトシ神)と天知迦流美豆比売(アメチカルミズヒメ)の間に生まれた神の1柱で山の神。

大気都比売神(オオゲツヒメ神)は遺体から五穀が生まれたという穀物の女神で、四国の徳島県に当たる女神。

この大年神という穀物神の血を引く山の神である羽山戸神(ハヤマト神)と、古事記ではバリバリの穀物の神である大気都比売神(オオゲツヒメ神)の間に生まれたのが若山咋神(ワカヤマクイ神)。

若山咋神(ワカヤマクイ神)は間違い無く、山の神です。
日本人は穀物の神が山に住んでいると考えていました。だから穀物神と山の神は切り離せない、まさに身内だったわけです。

あと、若山咋神(ワカヤマクイ神)という名前によくた神に「大山咋神(オオヤマクイ)」のがいます。この神様は比叡山の神様で知られています。
スポンサードリンク

引用

大歳神の神裔たち
羽山戸神(ハヤマト神)が大気都比売神(オオゲツヒメ神)を娶って生んだ子が、若山咋神(ワカヤマクイ神)。
次に若年神(ワカトシ神)。
次に妹若沙那売神(イモワカサナメ神)。
次に彌豆麻岐神(ミズマキ神)。
次に夏高津日神(ナツタカツヒ神)。別名を夏之売神(ナツノメ神)。
次に秋毘売神(アキヒメ神)。
次に久々年神(ククトシ神)。
次に久々紀若室葛根神(ククキワカムロツナネ神)。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集