久々年神(ククトシ神)

MENU
TOP>用語・神名など>久々年神

久々年神

漢字・読みククトシ神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
羽山戸神(ハヤマト神)が大気都比売神(オオゲツヒメ神)を娶って生んだ神の1柱。
●古事記にしか登場しない。性別不明。
●年神で、穀物神だと思われるが、正体は不明。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

物語・由来

久々年神(ククトシ神)は羽山戸神(ハヤマト神)が大気都比売神(オオゲツヒメ神)を娶って生んだ神の1柱。 古事記しか登場しない、性別不明の神。
名前から考えると
ククトシの「クク」が何を指しているのかは分からないです。ククノチという「木」の神様がいるので、「クク」は「木」かもしれません。

あと、「トシ」というのはまぁ、自然に考えて「年」のことです。年ってのは、そもそもは「実りの周期」のことを指しています。それで1年を神格化するのです。季節があるから実りがあると考えていたわけです。
そういうわけで日本では「1年」を神格化するってことは「穀物神」のことでもあります。

ところで「トシ」という名前がついた神に「オオトシ神」や「オトシ神」や「若年神(ワカトシ神)」というのもいます。となると「クク」には深い意味はない、英語で言うところの「Very」とか「Great」のような修飾語と考えた方がいいのかもしれません。
スポンサードリンク

引用

大歳神の神裔たち
羽山戸神(ハヤマト神)が大気都比売神(オオゲツヒメ神)を娶って生んだ子が、若山咋神(ワカヤマクイ神)。
次に若年神(ワカトシ神)。
次に妹若沙那売神(イモワカサナメ神)。
次に彌豆麻岐神(ミズマキ神)。
次に夏高津日神(ナツタカツヒ神)。別名を夏之売神(ナツノメ神)。
次に秋毘売神(アキヒメ神)。
次に久々年神(ククトシ神)。
次に久々紀若室葛根神(ククキワカムロツナネ神)。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集