持統天皇の行幸で帰る記述があるもの日付まとめ

MENU
TOP>持統天皇(日本書紀30巻)>持統天皇の行幸で帰る記述があるもの日付まとめ
スポンサードリンク

持統天皇の行幸で帰る記述があるもの日付まとめ

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●持統天皇の行幸は月をまたいでは、ほぼ行っていない。

解説

表の見方
日付まとめの横の1から30は一ヶ月の日付。1日から30日に対応しています。縦はその下の表の「引用」の左端のナンバリングに対応しています。
赤が吉野宮への行幸で、灰色はそれ以外の行幸です。
結論
表を見ると間違いないのは、「月をまたがない」ってことです。月をまたいでいるのは一回だけで、あとはまたいでいない。偶然かもしれませんが、持統天皇は30日夜はできるだけ都にいたということです。30日は月が新月になり、夜は真っ暗。暗殺を恐れたのこと、かもしれませんが、「毎月1日か30日は都で儀式」があったのかもしれません。ま、そう考える方が自然な気がします。

もう一つ、15日16日あたりにも一つの区切りがあるように思えます。まぁ、これは15日をまたいでいる日程がいくつもあるので、なんとも言えないんですけどね。15日が満月だから、15日あたりに儀式があったのかもしれないなと。
スポンサードリンク

日付まとめ1

101112131415161718192021222324252627282930
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
スポンサードリンク

引用

即位行き目的地帰り
3年1月18日吉野宮1月21日
9月13日紀伊9月24日
12月12日吉野宮12月14日
5年1月16日吉野宮1月23日
4月16日吉野宮4月22日
7月3日吉野宮7月12日
10月13日吉野宮10月20日
6年1月27日高宮1月28日
3月6日伊勢3月20日
5月12日吉野宮5月16日
7月9日吉野宮7月28日
8月17日飛鳥皇女の田荘8月17日
10月12日吉野宮10月19日
7年3月6日吉野宮3月13日
5月1日吉野宮5月7日
7月7日吉野宮7月16日
8月17日吉野宮8月21日
9月5日多武嶺9月6日
11月5日吉野宮11月10日
8年1月21日藤原宮1月21日
214月7日吉野宮4月14日?
229年閏2月8日吉野宮閏2月15日
233月12日吉野宮3月15日
246月18日吉野宮6月26日
258月24日吉野宮8月30日
2610月11日吉隠10月12日
2712月5日吉野宮12月13日
2810年2月3日吉野宮2月13日
294月28日吉野宮5月4日
306月18日吉野宮6月26日
3111年4月7日吉野宮4月7日
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集