嫌韓ニュースを読む前に知っておくべきこと

MENU
TOP>コラムいろいろ>嫌韓ニュースを読む前に知っておくべきこと

嫌韓ニュースを読む前に知っておくべきこと

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

嫌韓の人が増えているのですが、嫌韓のニュースを読む前に、まずはこのページをしっかりと読んでからにしてください。そうするとそれまでのニュースの意味が変わってくるはずです。
まとめ
●日韓は文化が全然違う。
上下関係を重んじる。
●起源主張をする、上下関係、法律や条約を守らない、道徳絶対主義、事実を軽んじる、という韓国の文化は儒教が根本になっています。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

韓国と日本は文化が違う

日本と韓国は全然文化が違います。韓国は古代から儒教国です。細かく言うと高麗(14世紀)までは仏教も信仰していましたが、李氏朝鮮(14世紀末)からは儒教一本です。この儒教が日本と全然感覚が違うのですね。
儒教
儒教は紀元前5世紀くらいに孔子が作った考えです。その頃の中国は戦乱状態で世の中は乱れきっていました。孔子はどうして戦乱が起きるのかと考えたところ、「上下関係」をハッキリさせれば戦乱は起きないと結論づけました。王のいうことを臣下が聞き、臣下のいうことをその部下が聞いて上下関係をしっかりとすれば、社会は安定する!というわけです。道徳によって社会を安定させ、平和にしようってのが儒教です。この上下関係などの「道徳」が儒教では大事になります。
スポンサードリンク

韓国と儒教①

韓国と起源主張
儒教は「さかのぼる学問」です。
あなたが存在するのは何故か?それはお父さんがあなたを作ったからです。ということはお父さんがいなければ、あなたは存在できません。それで儒教ではお父さんが偉いのですね。お父さんは偉いということは、お父さんは「上」です。上下関係を重んじる儒教では上の人の言うことは絶対服従しないといけません。立てないと「不道徳」です。これと全く同じ理屈で、起源主張をしたがるのです。
朝鮮のあるものが伝わって他の国に残っている、ということは朝鮮は偉い。朝鮮が上。というのが起源主張の根本です。
韓国と上下関係
中韓は上下関係を重んじます。ここで大事なのは「どっちが上か下か」という目線しかないってところです。同じはありません。上か下かをハッキリさせたがります。他国から見ると不思議ですが、儒教は上下関係によって社会を安定させるものですから、上か下かがハッキリしていないってのはむしろ不安なんです。
中韓は他国が自分より「下」だと思うとかなり強気に出ます。そして下が上のいうことを聞くのが平和の条件ですから、そうあるように相手に求めます。ただ、中韓朝以外の国は儒教国ではありませんから、そういう理屈は通じません。これが中韓が東アジアを不安定にさせ、交渉をややこしくさせる理由です。
●中国が経済発展し、日本が下だと思ったら、尖閣に手を出したり、周辺国を圧迫します。
●ナッツリターン事件の根本はこれ。

韓国と儒教②

韓国と法律や条約
儒教は道徳によって社会を安定させようという考えです。その中で「法律より道徳」という考えがあり、法律が軽んじられる傾向があります。韓国は近代国家ですから当然、法律はあるのですが、法律は究極守らなくてもいいのですね。だから韓国はルールや条約も守らないことが多いんです。
●例:日韓基本条約など

韓国では事実が軽い
儒教には神仏がいません。神様というのはどこの国でも「真実」を司っているものです。神様は嘘を見抜いてその嘘にふさわしい「罰」を与えるものです。儒教ではよく「天」が神にように語られますが、あくまで大事なのは「道徳」です。真実より道徳。この意味が日本人にはピンと来ないのですが、結構大事です。
●儒教国の中韓と日本の間に「歴史認識」の違いがあるのはココが大きいのです。
●慰安婦問題など。

韓国と儒教③

韓国と道徳
儒教では上に立つものの条件が「道徳」です。上に立っている人は道徳があるということなのですが、道徳がないとなれば引き摺り下ろされてしまいます。また、不道徳は許されません。韓国の道徳に反することをすれば、韓国中からバッシングを受けます。よって、道徳に反することは出来ません。いいことのように思えますが、道徳というのはとても曖昧なものです。また「事実より道徳」です。例えば、朝鮮併合が合法的に行われたとか、慰安婦は強制されていないとか、それが事実としても韓国の道徳(反日)に反することは許されません。
●日本には同調圧力があります。韓国にもあります。日本の同調圧力は「和」です。韓国の同調圧力は「道徳」です。
●同調圧力のメカニズムが違うのですね。

結論

結論を一言で言えば「日韓は文化がぜんぜん違う」ってことです。違うってことは大事です。

私が「日韓が違うことを認識する」ことが大事だと考えるのは、日本が朝鮮半島を併合する際に「日朝が同朋」というアナウンスをしてから併合したからです。大東亜共栄圏というのも、アジア人で「一つ」になるというのが根底です。日本人は「同じ」ということで親近感を持つのですが、そこが侵略(もちろん日本人は侵略だとは思っていない)の始まりです。悪いことじゃないんですがね。

実は俗に言うネトウヨの方が「戦争から遠い」のです。韓国や中国を嫌うことが何より戦争から遠ざかるわけです。ですから中韓と仲良くしましょう!と主張する方が戦争に近いわけです。もちろん悪気はありませんよ。でも、悪気がないから反省したり、省みることはありません。ダメですよね。

私が「中韓と日本は違うよ」と主張する意味が分かってもらえたでしょう。「日韓は違う」という認識を持って韓国のニュースを見てください。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集