須賀の宮の子供達

MENU
TOP>大国主>須賀の宮の子供達

須賀の宮の子供達

漢字・読みスサノオノコトモダチ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

スサノオが櫛名田比売(クシナダヒメ)と交わって生んだ神様の名前は八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)といいます。

またスサノオが大山津見神(オオヤマヅミノカミ)の娘の神大市比売(カムオオイチヒメ)を娶って産んだ子は、大年神(オオトシカミ)と宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)です。
 >>>Next 
スポンサードリンク

解説

スサノオヤマタノオロチから助けたクシナダヒメと交わって作った神がヤシマジヌミ神で、カムオオイチヒメとの間に生まれたのがオオトシ神とウカノミタマ。とりあえずここまでです。

オオヤマヅミ登場
オオヤマヅミは古事記創世編でも登場している国津神です。イザナギイザナミの子供です。
参考:風と山の神が産まれる オオヤマヅミの子供たち
オオヤマヅミはいわずと知れた「山」の神様。この娘であるカムオオイチヒメは名前から言うと「市」に関するよう。これとスサノオとの間に生まれたのがオオトシ神とウカノミタマですが、この二柱も相当なメジャー神です。

オトシ神(大年)の「年」は「稔る(音読みでネン)」から派生したと考えられていて、「稲が稔る」ことを象徴した神です。お正月に飾る門松に降りる神とされます。

ウカノミタマは俗に言う「お稲荷さん」。ウカは「ウケ」でもあり、食物を表す古語です。つまり食物神です。ちなみにお稲荷さんは江戸時代には商業と結びついて広く信仰され、日本で一番多い神社とされ、「伊勢屋、稲荷、犬の糞」とも言われました。
オトシ神もウカノミタマも穀物神
この二柱はどちらも「穀物神」です。カムオオイチヒメは「市」という字から「市場」の神とも言われています。
スポンサードリンク

原文

故、其の櫛名田比売を以ちて、久美度邇起して、生める神の名は、八島士奴美神と謂ふ。又大山津見神の女、名は神大市比売を娶して生める子は、大年神。次に宇迦之御魂神。
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集