ミケヌノミコト

MENU
TOP>用語・神名など>ミケヌノミコト
スポンサードリンク

ミケヌノミコト

漢字・読み御毛沼命
別名御毛沼命・三毛入野命
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

御毛沼命(ミケヌノミコト)

まとめ
神武天皇の兄。
●古事記ではミケヌ。日本書紀ではミケイリ。
●古事記では神武天皇が「ワカミケヌ」で、何か関係が深いか?

神武天皇の兄

古事記で登場する皇統の神。神武天皇の兄にあたる。古事記では神武天皇ワカミケヌと表記されるので、ミケヌノミコトとの関係は何だか深そう。ミケヌノミコト日本書紀では「三毛入野命(ミケイリノノミコト)」と表記されます。

引用

古事記では
ウガヤフキアエズの子供達
御毛沼命(ミケヌノミコト命)は海を越えて常世の国へ渡りました。

にあるように、常世の国へ渡ったとあります。

日本書紀では
稻飯命と三毛入野命の死
三毛入野命(ミケイリノノミコト)は恨んで言いました。
「わたしの母と叔母は海神(ワダツミ)です。
どうして波を起こして溺れさせようとするのか!!」
そういって波を踏んで常世の国へと渡りました。
スポンサードリンク

ミケヌは死んだか?

というように、古事記では「どこでどうなって」常世の国へ渡ったのかは書いて無いですが、日本書紀では東征の途中で(暗に)死んで常世の国へ渡ったと書いてあります。ミケヌは「ミ(御)」+「ケ(食料)」+「ヌ(沼)」で「穀物神」を意味する言葉です。日本では穀物神は海の向こうや山の向こうという異界に住んでいて、収穫を終えると異界へと帰っていくのが普通です。ミケヌが「波を踏んで常世の国へ渡った」ことは、死を意味すると同時にミケヌが「穀物神」であるという意味でもあるはずです。同時にこの「ミケヌの死」は私たちが日頃考えるような「人の死」とは違うってことです。
スポンサードリンク

鬼八退治伝説

ちなみに、高千穂神社や阿蘇神社ではミケヌ(ミケイリ)が東征から帰ってきて、地元の鬼八(キハチ)という鬼を退治するという伝承が残っています。そう考えるとミケヌは九州に元からいた神で、神話に組み込まれたと考えた方が自然かなとも思いますが、この鬼八の神話を読むと、やっぱり地元の氏族を制圧した史実の反映という感じがして、大和朝廷に組み込まれる過程のようにも見えます。ま、よく分からないですね。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集