ワカミケヌ

MENU
TOP>用語・神名など>ワカミケヌ
スポンサードリンク

ワカミケヌ

漢字・読み若御毛沼命
別名稚三毛野命(ワカミケノノミコト)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

若御毛沼命(ワカミケヌノミコト)

まとめ
●ワカミケヌは穀物神を表す名前。
●古事記では神武天皇のこと。
日本書紀で対応する名前は稚三毛野命(ワカミケノノミコト)。
●ただし稚三毛野命(ワカミケノノミコト)と神武天皇は別。
●稚三毛野命(ワカミケノノミコト)がワカミケヌと同じとは限らない。

物語・由来

古事記では神武天皇のこと
古事記と日本書紀の一書での登場人物。のちの神武天皇のこと。ミケヌの「ケ」は「食べ物」のこと。「ミ」は「神聖な」の意味。「ヌ」は湿地のこと。「ワカ」は幼いという意味。日本では幼いものの方が霊力が強いと言う感覚があるので、「ワカミケヌ」で強い穀物神という意味合いになる。
出自
古事記でも日本書紀でもウガヤフキアエズタマヨリヒメの子で、4兄弟の末子。日本神話の初期では末子が後継者になることが多いです。

よく古事記の記述が「天皇家」の伝承で、日本書紀の伝承が「各氏族」の伝承だと言われ、記紀は天皇の正当性を主張するものと言われるんですが、「ワカミケヌ」という名前が日本書紀では一書にしか無いってのは、どうも辻褄が合わないような。
スポンサードリンク

性格・能力

神武天皇は穀物神
日本神話は最初は神の物語で、徐々に人の歴史となっていきます。神武天皇は人と神の境目の存在で、人でもあり神でもあるというビミョーな存在です。よく神武天皇は「実在しない」と言います。古事記と日本書紀を読む限りは、神武天皇には神話の性質があって、ワカミケヌという名前はその一つです。

ちなみに兄弟のうち稲氷命は海原へ、御毛沼命は常世の国へ行ってしまいます。稲氷命も御毛沼命も名前から考えると穀物神で、日本では海も常世の国も穀物神が住んでいる場所ですから、若御毛沼命(ワカミケヌノミコト命)も当然ながらというかバリバリの穀物神と考えるべきでしょう。

ただし、細かく言えば「ワカミケヌ」という表記は日本書紀にはなく、古事記のみ。古事記のワカミケヌは日本書紀の「稚三毛野命(ワカミケノノミコト)」と同じに見えるのだけど、日本書紀の一書では「神武天皇と稚三毛野命(ワカミケノノミコト)は別」と書いてある。もしかしたら、ワカミケヌと稚三毛野命(ワカミケノノミコト)は似ているけど別なのかもしれない。
スポンサードリンク

引用

ウガヤフキアエズの子供達
天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒコヒコナギサタケウガヤフキアエズ命)は、その叔母(母親の妹)の玉依毘売命(タマヨリヒメ命)を娶って、
産んだ皇子の名前は五瀬命(イツセノミコト命)、
次に稲氷命(イナヒノミコト命)、
次に御毛沼命(ミケヌノミコト命)、
次に若御毛沼命(ワカミケヌノミコト命)


第十一段一書(一)(二)(三)(四)系譜の異伝
第十一段一書(三)
ある書によると……
まず彦五瀬命(ヒコイツセノミコト)が産まれました。次に稻飯命(イナイイノミコト)が産まれました。次に神日本磐余彦尊(カムヤマトイワレヒコノミコト)が産まれました。次に稚三毛野命(ワカミケノノミコト)が産まれました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集