沖ノ島から気多の前まで

MENU
TOP>大国主>沖ノ島から気多の前まで

沖ノ島から気多の前まで

漢字・読みオキシマカラケタノマエマデ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

そこで、あなたはその同族(ワニのこと)を集めて、この島(沖ノ島)からケタ(気多)の前まで並んでください。
そうしたら、その上を飛んで走りながら数えましょう。
これでわたしの同族(ウサギのこと)とどちらが多いか知ることにしよう』

と言いました。
スポンサードリンク

原文

故、汝は其の族の在りの随に、悉に率て来て、此の島より気多の前まで、皆列み伏し度れ。爾に吾其の上を蹈みて、走りつつ読み度らむ。是に吾が族と熟れか多きを知らむ。』といひき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集