岐須美美命(キスミミノミコト)

MENU
TOP>用語・神名など>キスミミ
スポンサードリンク

キスミミ

漢字・読み岐須美美命
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

岐須美美命(キスミミノミコト)

岐須美美命(キスミミノミコト)は古事記にのみ登場。
日本書紀は同一視されそうな名前も無い。

神武天皇が九州の阿比良比売(アヒラヒメ)との間にもうけた子供。
多芸志美美命(タギシミミミコト)は兄。
タギシミミは古事記・日本書紀で重要な役割を果たすのだけど、弟のキスミミは名前・系譜に登場するだけで、子孫の氏族の名前も見られない。

古事記からの引用

イワレビコの女性関係
イワレビコ命(神武天皇)が日向にいたときに、阿多の小椅君(オバシノキミ)の妹の阿比良比売(アヒラヒメ)と結ばれて、生んだ子供が、多芸志美美命(タギシミミミコト)、次に岐須美美命(キスミミノミコト)のニ柱です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集