勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>セヤダタラヒメ
スポンサードリンク

セヤダタラヒメ

漢字・読み勢夜陀多良比売
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)

古事記での表記は勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)。
三島湟咋(ミシマミゾクヒ)の娘。
神武天皇の皇后のイスケヨリヒメの母親。

日本書紀では表記はないが、同じポジションの名前として「玉櫛媛(タマクシヒメ)」。似た名前として玉櫛媛(タマクシヒメ)の娘の「媛蹈韛五十鈴媛命(ヒメタタライスズヒメノミコト)」がいます。
ただし立場で言えば、日本書紀の媛蹈韛五十鈴媛命(ヒメタタライスズヒメノミコト)は神武天皇の皇后ですから、古事記ではイスケヨリヒメに相当する人物名。
スポンサードリンク

物語と名前の由来

タタラは鉄生産の際に使用するフイゴの事。空気を吹き込んで酸素を送り、鉄を熱して溶かすアレですね。タタラは元々はタタールではないのか?という説もあります。ただし、中国は銅器が主で、朝鮮では鉄鉱石が多いために、タタラによる鉄器生産はしていません。タタラを使用しなくてもいいんです。日本がタタラによる生産になったのは、日本で鉄鉱石の産出が少ないからなんですが、タタラはどこからやってきた技術なのか? は分かりません。で、タタラと言えば出雲です。

古事記では大物主の妻。大物主はオオクニヌシと同一神とされ、三輪山に鎮座する神です。勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)は美しい女性だったので、大物主に見初められ、大便をしているときに、「丹塗矢」という赤い矢になって陰部を突いて、妊娠させられました。その結果、生まれたのが「イスケヨリヒメ」。イスケヨリヒメは神武天皇の皇后となります。
スポンサードリンク

解説

さて、大便をしていると妊娠するという変態ちっくな物語ですが、そのまま受け取るわけには行きません。古代では大便は「肥料」です。作物が開花し、実をつけるには「リン」が必要です。リンがないと開花しません。このリンを多く含むのが「便」です。もう一つのアイテムの「丹塗り矢」は定説では「男性器」を示唆していると言いますが、ことはそう簡単ではありません。古代では狩猟をしていました。複数の男が弓矢を持って追いかけ、獲物に矢を放ちます。で、誰が獲物を仕留めたのか?と言うのが問題になります。手柄はハッキリさせないといけません。そこで、誰が仕留めた矢を放ったのかを一目でわかるように、矢に印をつけるようになりました。だから、矢は現代で言う所の「IDカード」なんです。個人の証明書です。矢は、大物主そのものを表しています。その矢は赤い。赤は聖なる色です。丹塗矢は神のIDカードです。ま、男性器も暗に示しているんですが、そういったニュアンスもあるんです。

古代では山から穀物神がやってきて田畑に宿って、そうして実ると思っていました。大便をしていたら…と書いてありますよね。勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)が大便していたのは、川で流す天然の水洗便所です。川は当然、山の中から流れ出たものです。大物主は三輪山の主です。川は当然、三輪山から出てきた川です。と、色々と考えると、この勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)の神話にはいくつかの意味があります。

一つは、穀物神の神話です。
神が山からやってきて、そして巫女である勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)に宿る。
巫女は体に大物主に神を宿して、それが里の田畑に移り、作物が実る…そう言う神話があったんじゃないか?と思っています。それが、大便の時、川で丹塗矢が流れてくると言う経緯なんでしょう。
もう一つは、女系の神話です。
女系というのは母親から娘に権力が移譲するシステムです。ここの神話では勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)からイスケヨリヒメに移るんですね。これは代々、繰り返されてきたのですが、では、母親は「誰から子種をもらうのか?」です。実際は、どこかの男性とセックスして子供をもうけるんですが、対外的(世間的)には「神と結ばれて子供ができた」となるんです。
この二つの神話を含んだものが勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)の神話だと思われます。
スポンサードリンク

古事記からの引用

イスケヨリヒメは神の子
三島湟咋(ミシマミゾクヒ)の娘に勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)という美しい少女がいました。美和(ミワ=三輪)の大物主紳(オオモノヌシ神)が彼女を気に入り、少女が大便をしているときに、丹塗矢(ニヌリヤ=丹を塗った赤い矢)に変身して、そのトイレの水が流れる溝に流れて、少女の陰部を突きました。

日本書紀からの引用

庚申年秋八月 媛蹈韛五十鈴媛命を皇后に
「事代主神(コトシロヌシノカミ)が三嶋溝橛耳神(ミシマノミゾクヒミミノカミ)の娘の玉櫛媛(タマクシヒメ)を娶って生んだ子が媛蹈韛五十鈴媛命(ヒメタタライスズヒメノミコト)といいます。この姫は国色(カオ)が優れています」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集