師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト)

MENU
TOP>用語・神名など>師木津日子玉手見命
スポンサードリンク

師木津日子玉手見命

漢字・読みシキツヒコタマデミノミコト
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト)

安寧天皇(3代)のこと。
古事記では師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト)。
日本書紀では磯城津彦玉手看天皇シキツヒコタマテミノスメラミコト)。
表記は違いますが、読みがなはほぼ同じです。
古事記では綏靖天皇河俣毘売(カハマタビメ)の子。
日本書紀では綏靖天皇と五十鈴依媛(イスズヨリヒメ)の子。五十鈴依媛(イスズヨリヒメ)は事代主(コトシロヌシ)の娘。

古事記での宮は片塩の浮穴宮(ウキアナノミヤ)。
日本書紀での宮は片塩の浮孔宮(ウキアナノミヤ)。

古事記での陵は畝火山(ウネビヤマ)の美富登(ミホト)。
日本書紀での陵は畝傍山南御陰井上陵(ウネビヤマノミナミノミホトノイノヘノミサギ)。
スポンサードリンク

日本書紀の本文と異説

師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト)は安寧天皇(3代)。日本書紀では父親の綏靖天皇(2代)の皇后は異説によれば「磯城縣主(シキノアガタヌシ)の娘の川派媛(カワマタヒメ)」か、「春日縣主大日諸(カスガノアガタヌシノオオヒモロ)の娘の絲織媛(イトリヒメ)」とされています。異説では古事記の安寧天皇の皇后の「河俣毘売(カハマタビメ)」と一致しています。
師木津日子の由来はカワマタビメの出自が「シキ」だからでしょう。

古事記での后妃と子息子女
阿久斗比売(アクトヒメ)河俣毘売(カハマタビメ)の兄の県主(アガタヌシ)波延(ハエ)の娘
常根津日子伊呂泥命(トコネツヒコイロネノミコト)
大倭日子鉏友命(オオヤマトヒコスキトモノミコト=威徳天皇
師木津日子命(シキツヒコノミコト)

日本書紀での后妃と子息子女
渟名底仲媛命(ヌナソコナカツヒメノミコト)…別名が渟名襲媛(ヌナソヒメ)…異説によると磯城縣主葉江(シキノアガタヌシハエ)の娘の川津媛(カワツヒメ)・大間宿禰(オオマノスクネ)の娘の糸井媛(イトイヒメ)
息石耳命(オキソミミノミコト)
大日本彦耜友天皇オオヤマトヒコスキトモノスメラミコト=威徳天皇)

子供に異説があり
常津彦某兄(ツネツヒコイロネ)
大日本彦耜友天皇(オオヤマトヒコスキトモノスメラミコト)
磯城津彦命(シキツヒコノミコト)
スポンサードリンク

磯城について

シキは地名。奈良県北西部とされます。
次の「ツ」は助詞の「の」のこと。英語で言えば「of」です。
ヒコは「日子」で太陽の子か太陽の使者。
タマは魂のこと。霊魂。神霊のこと。
テミはよく分からない。ミは霊威を表す言葉として神の名前にはよく見られます。
タマテミという神がそもそも居て、それが安寧天皇の原型という説もありますが、まぁ、なんとも言えない。

シキは皇后の出身地であり、安寧天皇自身の母親(カワマタビメ)の出身地でもあります。シキはかなり権力を持っていたのではないかと。
スポンサードリンク

古事記からの引用

綏靖天皇
カムヌナカワミミ命は葛城の高岡宮で天下を治めました。この天皇は師木県主(シキノアガタヌシ)の祖先となる河俣毘売(カハマタビメ)を娶って、産んだ子供が、「師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト)」の1柱です。

安寧天皇
師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト=安寧天皇)は片塩の浮穴宮(ウキアナノミヤ)で、天下を治めました。

安寧天皇は49歳で亡くなりました。
お墓は畝火山(ウネビヤマ)の美富登(ミホト)にあります。
スポンサードリンク

日本書紀からの引用

綏靖天皇(四)婚姻と系譜
五十鈴依媛(イスズヨリヒメ)は綏靖天皇から見ると姨(ミオバ=叔母)になります。后(キサキ)は磯城津彦玉手看天皇(シキツヒコタマテミノスメラミコト)を生みました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集