蝿伊呂泥(ハエイロネ)

MENU
TOP>用語・神名など>ハエイロネ
スポンサードリンク

ハエイロネ

漢字・読み蝿伊呂泥
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

蝿伊呂泥(ハエイロネ)

蝿伊呂泥(ハエイロネ)は古事記に登場する女性の名前。
記述
古事記では蝿伊呂泥(ハエイロネ)。
別名が意富夜麻登久邇阿札比売(オホヤマトクニアレヒメノミコト)。

日本書紀では絚某姉(ハエイロネ)という注意書きがある「倭国香媛(ヤマトノクニカヒメ)」なる人物が登場する。
活躍
蝿伊呂泥(ハエイロネ)の行動・活躍は見られないが、古事記では孝霊天皇(7代)の時代に、子供である大吉備津日子命が、妹のハエイロドの子供で、(吉備津彦から見て)異腹弟である若日子建吉備津日子命と共に吉備国に派遣されている。日本書紀では崇神天皇(10代)の時代に四道将軍として西道に派遣されている。
また、娘の倭迹々日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメミコト) は古事記では活躍はないが、日本書紀では崇神天皇の時代に武埴安彦の反乱の宣託を受けたり、大物主の妻になるが死亡し箸墓古墳に葬られるなどの物語を残している。
スポンサードリンク

出自

古事記によれば
祖父安寧天皇(3代)の子供の師木津日子命(シキツヒコミコト
祖母記述なし
和知都美命(ワチツミノミコト)
伊賀の須知(スチ)の稲置(イナキ)・那婆理(ナバリ)の稲置・三野の稲置の祖先

和知都美命(ワチツミノミコト)
記述なし
蝿伊呂泥(ハエイロネ)…別名が意富夜麻登久邇阿札比売(オホヤマトクニアレヒメノミコト)
蝿伊呂杼(ハエイロド

日本書紀には記載はない。

婚姻と子息子女

古事記では
孝霊天皇(7代)
意富夜麻登玖邇阿礼比売(オオヤマトクニアレヒメ=ハエイロネ)
夜麻登登母母曽毘売命(ヤマトトモモソヒメノミコト)
日子刺肩別命(ヒコサシカタワケノミコト)
比古伊佐勢理毘古命(ヒコイサセリビコノミコト)…別名が大吉備津日子命(オオキビツヒコノミコト) …吉備上道臣の祖
倭飛羽矢若屋比売(ヤマトトビハヤワカヤヒメ)


日本書紀では
孝霊天皇(7代)
倭国香媛(ヤマトノクニカヒメ…別名を絚某姉【ハヘイロネ】)
倭迹々日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト)
彦五十狹芹彦命(ヒコイサセリビコノミコト)…別名が吉備津彦命【キビツヒコノミコト】
倭迹々稚屋姫命(ヤマトトトワカヤヒメノミコト)
スポンサードリンク

古事記からの引用

安寧天皇
う一人の和知都美命(ワチツミノミコト)は淡道(アハジ)の御井宮(ミイノミヤ)にいました。ワチツミ命には娘が二人いました。姉が蝿伊呂泥(ハエイロネ)、別名を意富夜麻登久邇阿札比売(オホヤマトクニアレヒメノミコト)といいます。妹の名前が蝿伊呂杼(ハエイロド)といいます。

孝霊天皇
また意富夜麻登玖邇阿礼比売(オオヤマトクニアレヒメ)を娶って産んだ子供が
夜麻登登母母曽毘売命(ヤマトトモモソヒメノミコト)
日子刺肩別命(ヒコサシカタワケノミコト)
比古伊佐勢理毘古命(ヒコイサセリビコノミコト)――別名を大吉備津日子命(オオキビツヒコノミコト)
倭飛羽矢若屋比売(ヤマトトビハヤワカヤヒメ)
の4柱です。
スポンサードリンク

日本書紀からの引用

孝霊天皇(日本書紀)
妃の倭国香媛(ヤマトノクニカヒメ…別名を絚某姉【ハヘイロネ】)と、倭迹々日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト)と彦五十狹芹彦命(ヒコイサセリビコノミコト…別名を吉備津彦命【キビツヒコノミコト】)と倭迹々稚屋姫命(ヤマトトトワカヤヒメノミコト)を生みました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集