忍鹿比売命(オシカヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>忍鹿比売命
スポンサードリンク

忍鹿比売命

漢字・読みオシカヒメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

忍鹿比売命(オシカヒメ)

忍鹿比売命(オシカヒメ)は古事記・日本書紀に登場する人物。
女性。皇族。
孝安天皇(6代天皇)の皇后。
記述
古事記では忍鹿比売命(オシカヒメ)。
日本書紀では押媛(オシヒメ)と表記される。
日本書紀の異説では
磯城縣主葉江(シキノアガタヌシハエ)の娘の長媛(ナガヒメ)
十市縣主五十坂彦(トオチノアガタヌシイサカヒコの娘の五十坂媛(イサカヒメ)
とも。

解説

古事記では大吉備諸進命(オオキビモロススメノミコト)、大倭根子日子賦斗邇命(オオヤマトネコヒコフトニノミコト孝霊天皇)を生んでいます。
日本書紀では大日本根子彦太瓊天皇(オオヤマトネコヒコフトニノスメラミコト孝霊天皇)だけしか産んだ記述がないです。

忍鹿比売命(オシカヒメ)は古事記でも日本書紀でも夫である孝安天皇の「姪」と書いてあります。孝安天皇の兄弟は兄の天押帯日子命(アメノオシタラシヒコノミコト)しかいませんので、忍鹿比売命(オシカヒメ)の父親は天押帯日子命(アメノオシタラシヒコノミコト)だろうとされます。これは日本書紀にも書いてありますが、「だろう」という書き方です。

ただし、記述していない兄弟がいた、ってこともあるかもしれませんから、あくまで推測です。
名前から考える
「オシカヒメ」の「オシ」は夫である「大倭帯日子国押人命(オホヤマトタラシヒコクニオシヒトノミコト)」にもありますし、オシカヒメの父親の「天押帯日子命(古事記)・天足彦国押人命(日本書紀)」にも「オシ」が見られます。「オシ」は美称かもしれませんし、神の名前かもしれません。おそらく両方ではないかと思います。
スポンサードリンク

出自と子孫

出自
天押帯日子命(アメノオシタラシヒコノミコト)=孝安天皇の兄。
子供
古事記では
孝安天皇
忍鹿比売命(オシカヒメ)
大吉備諸進命(オオキビモロススメノミコト)
大倭根子日子賦斗邇命(オオヤマトネコヒコフトニノミコト)孝霊天皇

日本書紀では
孝安天皇
押媛(オシヒメ)…異説では磯城縣主葉江(シキノアガタヌシハエ)の娘の長媛(ナガヒメ)・十市縣主五十坂彦(トオチノアガタヌシイサカヒコの娘の五十坂媛(イサカヒメ)
大日本根子彦太瓊天皇(オオヤマトネコヒコフトニノスメラミコト)=孝霊天皇
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
孝安天皇
孝安天皇が姪の忍鹿比売命(オシカヒメ=先代孝昭天皇の子の天押帯日子命の娘)を娶って産んだ子供が大吉備諸進命(オオキビモロススメノミコト)、大倭根子日子賦斗邇命(オオヤマトネコヒコフトニノミコト=孝霊天皇)の二柱です。

日本書紀からの引用
孝安天皇(日本書紀)
即位26年の春2月14日。姪(ミメ)の押媛(オシヒメ)を皇后にしました。
ある書によると磯城縣主葉江(シキノアガタヌシハエ)の娘の長媛(ナガヒメ)です。
またある書によると、十市縣主五十坂彦(トオチノアガタヌシイサカヒコの娘の五十坂媛(イサカヒメ)です。
后は大日本根子彦太瓊天皇(オオヤマトネコヒコフトニノスメラミコト=孝霊天皇)を生みました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集