廬戸宮(イホトノミヤ)

MENU
TOP>用語・神名など>廬戸宮
スポンサードリンク

廬戸宮

漢字・読みイホトノミヤ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

廬戸宮(イホトノミヤ)

孝霊天皇(7代天皇)が執務をとった宮。
記述
古事記でも日本書紀でも黒田廬戸宮(クロダノイホトノミヤ)と表記される。
比定地
場所は奈良県磯城郡田原本町黒田に比定されています。

引用

古事記からの引用
孝霊天皇
大倭根子日子賦斗邇命(オオヤマトネコヒオフトニノミコト孝霊天皇)は黒田の廬戸宮(イホトノミヤ)で天下を治めました。


日本書紀からの引用
孝霊天皇(日本書紀)
冬12月4日に皇太子は都を黒田(=奈良県磯城郡田原本町黒田)に移しました。これを廬戸宮(イホトノミヤ)といいます。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集