細比売命(クハシヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>細比売命
スポンサードリンク

細比売命

漢字・読みクハシヒメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

細比売命(クハシヒメ)

細比売命(クハシヒメ)は古事記に登場する人物。
孝霊天皇(7代天皇)の皇后。
孝元天皇(8代天皇)の母。
記述
古事記では細比売命(クハシヒメノミコト)。
日本書紀では細媛命(ホソヒメノミコト)。
出自
古事記によれば十市県主(トイチノアガタヌシ)の祖先である大目(オオメ)の娘。
日本書紀では磯城縣主大目(シキノアガタヌシオオメ)の娘。
ほぼ記述は同じです。

となると「クハシ」とは何の意味があるのか。
私は「櫛の端」でクハシじゃないかと。
櫛の端っこが細かったかどうかは、なんとも言えないけども。

親が磯城の人物であることから、この地域がこの時代に勢いがあったのだと思われます。
スポンサードリンク

子孫

古事記では
孝霊天皇
細比売命(クハシヒメ)…十市県主(トイチノアガタヌシ)の祖先である大目(オオメ)の娘
大倭根子日子国玖琉命(オオヤマトネコヒコクニクルノミコト=孝元天皇

孝霊天皇の皇妃と子供は大量にいるので詳細は大倭根子日子賦斗邇命(オオヤマトネコヒコフトニノミコト)を参考に。

日本書紀では
孝霊天皇
細媛命(ホソヒメノミコト)…磯城縣主大目(シキノアガタヌシオオメ)の娘
●大日本根子彦国牽天皇(オオヤマトネコヒコクニクルノスメラミコト=孝元天皇)
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
孝霊天皇
孝霊天皇は十市県主(トイチノアガタヌシ)の祖先である大目(オオメ)の娘の「細比売命(クハシヒメ)」を娶って生まれた子供が
大倭根子日子国玖琉命(オオヤマトネコヒコクニクルノミコト)です。


日本書紀からの引用
孝霊天皇(日本書紀)
即位2年。春2月の11日。細媛命(ホソヒメノミコト)を皇后としました。
ある書によると春日千乳早山香媛(カスガノチチハヤヤマカヒメ)といいます。
ある書によると十市縣主(トイチノアガタヌシ)たちの祖先の娘の眞舌媛(マシタヒメ)といいます。

后は大日本根子彦国牽天皇(オオヤマトネコヒコクニクルノスメラミコト=孝元天皇)を生みました。

孝元天皇(日本書紀)
大日本根子彦国牽天皇(オオヤマトネコヒコクニクルノスメラミコト=孝元天皇)は大日本根子彦太瓊天皇(オオヤマトネコヒコフトニノスメラミコト=孝霊天皇)の太子(ミコ)です。母は細媛命(ホソヒメノミコト)といいます。磯城縣主大目(シキノアガタヌシオオメ)の娘です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集