千々速比売命(チチハヤヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>千々速比売命
スポンサードリンク

千々速比売命

漢字・読みチチハヤヒメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

千々速比売命(チチハヤヒメ)

孝霊天皇(7代)と春日千々速真若比売(カスガノチチハヤマワカヒメ)の間の皇女。
古事記には見られるが、日本書紀には一切、登場せず、対応する人物名もない。
正体不明の皇女。
母親とほぼ同じ名前なのは、何か意味があるのでしょうか。
母親も日本書紀では見られない。
母親に「春日」とあるので春日の関係者なのでしょう。
なぜ日本書紀で割愛されたのかもよく分からない。
出自
孝霊天皇
春日千々速真若比売(カスガノチチハヤマワカヒメ)
千々速比売命(チチハヤヒメ)
スポンサードリンク

古事記からの引用

孝霊天皇
孝霊天皇は十市県主(トイチノアガタヌシ)の祖先である大目(オオメ)の娘の「細比売命(クハシヒメ)」を娶って生まれた子供が
大倭根子日子国玖琉命(オオヤマトネコヒコクニクルノミコト)です。

また春日千々速真若比売(カスガノチチハヤマワカヒメ)を娶って産んだ子供が千々速比売命(チチハヤヒメ)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集