建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)

MENU
TOP>用語・神名など>建波邇夜須毘古命
スポンサードリンク

建波邇夜須毘古命

漢字・読みタケハニヤスビコノミコト
別名建波邇安王(タケハニヤスノミコ)・武埴安彦命(タケハニヤスヒコノミコト)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)

ここでは孝元天皇(8代)の皇子について書いています。
イザナミカグツチを生んだ後にイザナミが脱糞して、そのウンコから生まれた神である「ハニヤスヒコ」についてはそちらのページで。

建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)は孝元天皇の皇子。
男性。
古事記では「建波邇夜須毘古命」もしくは「建波邇安王」。孝元天皇波邇夜須毘売(ハニヤスビメ)の間に生まれた。同母の兄弟姉妹はいない。
日本書紀では「武埴安彦命(タケハニヤスヒコミコト)」。孝元天皇と埴安媛(ハニヤスヒメ)の間の子。古事記と同様に同母の兄弟姉妹はいない。
崇神天皇の時代に崇神天皇を殺そうとして、勘付かれ、異母兄弟の「大毘古命(オオビコノミコト大彦命)」に鎮圧される。
子孫氏族の記述はない。
スポンサードリンク

解説

主犯は吾田媛では??
日本書紀では武埴安彦命には吾田媛と言う妻がいて、彼女が反乱を画策したとあります。吾田媛は五十狹芹彦命(イサセリヒコノミコト=吉備津彦)によって殺されます。その後、武埴安彦命が大彦命に鎮圧される。と言うことは、先に嫁が鎮圧されて、その後、夫が鎮圧された訳です。また、武埴安彦命の異母姉の倭迹々日百襲姫の予言によると
天皇の大叔母の倭迹々日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト)は聡明で物知りで、未来の事も分かる人です。その歌の怪(シルシ)を知って、天皇に言いました。
「これは武埴安彦(タケハニヤスヒコ)が謀反(ミカドカタブケ)を起こす表(シルシ)でしょう。私が聞いた所によると、武埴安彦(タケハニヤスヒコ)の妻の吾田媛(アタヒメ)は密かに倭の香山(カグヤマ)に来て、土を取り、領巾(ヒレ=女性が襟から肩にかけた布)の頭(ハシ)に包んで呪いを掛けて『これは倭国(ヤマトノクニ)の物実(モノシロ…モノは霊、シロは代表)』と言って、帰って行ったのです。
何か事件があると知りました。速やかに対処しなくては、必ず手遅れとなるでしょう」

と発言していることから、もしかすると反乱の主犯は「吾田媛」なんじゃないかと。少なくともそういう描かれ方をしている…ような気がしないでもない。
ただし、古事記には吾田媛に対応する人物が登場しない。
地元では評価される?
建波邇夜須毘古命は京都府相楽郡精華町の「いずもり」には、建波邇夜須毘古命が「死んだ場所」の石碑が建てられています。現在でも「いごもり祭・綱曳きの式」というタケハニヤスヒコの祭りがあります。どうもタケハニヤスは地元の民に愛されているんです。彼は本当に「謀反者」なのか。まぁ、平将門も地元に祀られているわけで、祀られているから、本当は謀反者じゃない証拠にはならないんですが。
スポンサードリンク

子供と子孫

古事記によると
孝元天皇(8代)
波邇夜須毘売(ハニヤスビメ)…河内青玉(コウチノアオタマ)の娘
建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)

日本書紀によると
孝元天皇(8代)
埴安媛(ハニヤスヒメ)…河内青玉繋(カフチノアオタマカケ)の娘
武埴安彦命(タケハニヤスヒコノミコト)

子孫
記述はない。

古事記からの引用

孝元天皇と妻、その子供たち
また河内青玉(コウチノアオタマ)の娘の波邇夜須毘売(ハニヤスビメ)を娶って産んだ子供が
建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)です。

伯父と叔父の戦い
大毘古命(オオビコ命)は引き返して、祟神天皇に(歌のことを)伝えました。すると祟神天皇は
「これは山代国にいる、あなた(=オオビコ命)の義兄である、建波邇安王(タケハニヤスノミコ)が、野心を抱いた兆候でしょう。
伯父上(=オオビコ命)。
軍隊をまとめて、出発してください」
……
そして山代の和訶羅河(ワカラガワ)にオオビコ命の軍勢がやってきたときに、建波邇安王(タケハニヤスノミコ)は軍勢を整えて待ち構え、行く手を遮りました。
オオビコ命とタケハニヤス王は和訶羅河(ワカラガワ)を挟んで向かい合い、戦争が始まりました。
それでその土地を「伊杼美(イドミ=挑み)」といいます。現在は今豆美といいます。

まづ忌矢弾つべし
日子国夫玖命(ヒコクニブク命)はタケハニヤス王に言いました。

「まず、そちらから忌矢(イミヤ=神聖な矢)を撃ちなさい」
そこで建波邇安王(タケハニヤス王)が撃ちましたが、当たりませんでした。次に国夫玖命(クニブク命)が矢を撃つと、建波邇安王(タケハニヤス王)にあたり、死んでしまいました。
大将である建波邇安王(タケハニヤス王)が死んでしまったことで、軍勢は総崩れとなり、散り散りになって逃げました。
その逃げる軍を追い詰め、久須婆(クスバ)の渡し場にやってきたときに、タケハニヤス王の軍兵達は、恐ろしくてウンコを漏らしてしまい、褌(ハカマ)に掛かった、そこでこの土地を「クソバカマ(=屎褌)」と言う様になりました。現在は久須婆(クスバ)と呼んでいます。
スポンサードリンク

日本書紀からの引用

孝元天皇(日本書紀)
次の妃の河内青玉繋(カフチノアオタマカケ)の娘の埴安媛(ハニヤスヒメ)が、武埴安彦命(タケハニヤスヒコノミコト)を生みました。

崇神天皇(十三)謀反の徴(日本書紀)
大彦命はすぐに帰り、詳細に見た事を報告しました。天皇の大叔母の倭迹々日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメノミコト)は聡明で物知りで、未来の事も分かる人です。その歌の怪(シルシ)を知って、天皇に言いました。
「これは武埴安彦(タケハニヤスヒコ)が謀反(ミカドカタブケ)を起こす表(シルシ)でしょう。私が聞いた所によると、武埴安彦(タケハニヤスヒコ)の妻の吾田媛(アタヒメ)は密かに倭の香山(カグヤマ)に来て、土を取り、領巾(ヒレ=女性が襟から肩にかけた布)の頭(ハシ)に包んで呪いを掛けて『これは倭国(ヤマトノクニ)の物実(モノシロ…モノは霊、シロは代表)』と言って、帰って行ったのです。

崇神天皇(十四)武埴安彦と吾田媛を迎え撃つ(日本書紀)
そこで更に諸々の将軍(イクサノキミ)を集めて話し合いをしました。まだ幾時(イクバク)も無いうちに、武埴安彦(タケハニヤスヒコ)と妻の吾田媛(アタヒメ)は謀反逆(ミカドカタブケム=皇位を傾ける)しようとして、兵を起こしてたちまちやって来ました。

崇神天皇(十五)埴安彦と彦国葺の戦争(日本書紀)
埴安彦(ハニヤスヒコ)が彦国葺(ヒコクニフク)の軍隊を見て言いました。
「どうして、お前は兵を起こして来るのか?」
彦国葺(ヒコクニフク)は答えました。
「お前は天に逆らい、道に背いている。王室(ミカド)を傾けようとしている。よって義兵(コトワリノイクサ=義勇兵)を挙げ、逆らうお前を討つ。天皇の命だ」
それから各軍は先手を取ろうと弓を射ました。
武埴安彦(タケハニヤスヒコ)がまず、彦国葺(ヒコクニフク)を射ましたが、当たりませんでした。次に彦国葺(ヒコクニフク)が埴安彦を射ると、胸に当たって殺してしまいました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集