河内青玉(コウチノアオタマ)

MENU
TOP>用語・神名など>河内青玉
スポンサードリンク

河内青玉

漢字・読みコウチノアオタマ
別名河内青玉繋(カフチノアオタマカケ)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

河内青玉(コウチノアオタマ)

河内青玉(コウチノアオタマ)は孝元天皇(8代)の妃の一人の波邇夜須毘売(ハニヤスビメ)の親。
性別不明。
記述
古事記では河内青玉(コウチノアオタマ)。
日本書紀では河内青玉繋(カフチノアオタマカケ)。
物語
孝元天皇波邇夜須毘売(ハニヤスビメ)の間に生まれたのが建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)。子供は一人。建波邇夜須毘古命崇神天皇の時代に反乱を起こし、大毘古命(オオビコノミコト大彦命)と彦国葺命(=日子国夫玖命)に討伐されている。また、子孫の名前もない。

名前から考えると河内の氏族で、青玉・青玉繋が具体的に何を示しているのかは分からないが、もしかしたら「翡翠の玉」かなと思いますが……しかし河内に翡翠があったとは思えないです。
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
孝元天皇と妻、その子供たち
また河内青玉(コウチノアオタマ)の娘の波邇夜須毘売(ハニヤスビメ)を娶って産んだ子供が
建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)です。


日本書紀からの引用
孝元天皇(日本書紀)
次の妃の河内青玉繋(カフチノアオタマカケ)の娘の埴安媛(ハニヤスヒメ)が、武埴安彦命(タケハニヤスヒコノミコト)を生みました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集