八十神に殺されてしまう

MENU
TOP>大国主>八十神に殺されてしまう
スポンサードリンク

八十神に殺されてしまう

漢字・読みヤソカミニコロサレテシマウ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

爾に亦、其の御祖の命、哭きつつ求げば、見得て、即ち其の木を折りて取り出で活かして、其の子に告げて言ひけらく、「汝此間に有らば、遂に八十神の為に滅ぼさえなむ。」といひて、乃ち木国の大屋毘古神の御所に違え遣りき。

現代語訳

それで御祖の命(ミオヤノミコト=母神=サシクニワカヒメ)が泣いてオオナムチを探し求めると、見つけることが出来ました。その木を折って、取り出し助け出して蘇生させ、その子(=ここではオオナムチのこと)に言いました。

「お前はここに居たら
八十神(兄弟神)に滅ぼされてしまう」

そうしてサシクニワカヒメ
紀国の大屋毘古神(オオヤビコ神)のもとにオオナムチを送りました。
スポンサードリンク

解説

今回の蘇生には「タカムスビ」と貝の女神二柱は登場しませんが、省略されているだけかもしれません。
オオヤビコは?
オオヤビコはイソタケルと同一神とされる植林・木工の神。イソタケルがスサノオの子供とされるので、オオナムチから見ればご先祖様。高天原を追い出されたスサノオと共に朝鮮半島に降りるが、気に入らず日本へ渡る際に土の船を作ったことから海運・漁業・造船の神ともされます。ただしこれらイソタケルの物語は日本書紀の記述で、古事記での名前「オオヤビコ」では特になし。
オオヤビコの名は「家屋」をつかさどる名前で、やはり木には関係ある。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集