意祁都比売命(オケツヒメノミコト)

MENU
TOP>用語・神名など>意祁都比売命
スポンサードリンク

意祁都比売命

漢字・読みオケツヒメノミコト
別名姥津媛(ハハツヒメ)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

意祁都比売命(オケツヒメノミコト)

意祁都比売命(オケツヒメノミコト)は開化天皇(9代)の妃の一人。
古事記では意祁都比売命(オケツヒメノミコト)。
日本書紀では姥津媛(ハハツヒメ)が同一人物。
丸邇臣(ワニノオミ)の一族。
日本書紀では兄に姥津命(ハハツノミコト)。
古事記では兄に日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)。
開化天皇との間に日子坐王(ヒコイマスミコ)を設ける。
古事記では妹に袁祁都比売命(オケツヒメ命)が見られる。袁祁都比売命(オケツヒメ命)は日子坐王が娶って子を残している。
スポンサードリンク

物語・由来

日子坐王日本書紀では、垂仁天皇のところでも注意書きに登場します。垂仁天皇はサホビメとの別れの後に5人の姉妹を娶るのですが、その5人姉妹の親が「丹波道主王(タニハノチヌシノオオキミ)」。この丹波道主王は開化天皇の孫で、彦坐王の子であると書いてあります。

また、古事記には日子坐王の子孫が大量に登場して、その中に垂仁天皇の時代に大問題を起こす「サホビコ王(沙本毘古王)・サホビメ命(沙本毘売命)」や、神功皇后まで登場します。かなり後の時代まで物語に関わる血統です。

血統は関係ないですが、意祁都比売命と妹の袁祁都比売命は「意祁・袁祁」の組み合わせです。これは「顕宗天皇・仁賢天皇」の本名の「意祁王・袁祁王」と同じです。しかも、顕宗天皇・仁賢天皇が父の市辺押磐皇子を雄略天皇に殺された時に逃避した先が「丹波国与謝郡」でした。

彦坐王の子が丹波道主王なのと、無関係とは思えない。
スポンサードリンク

出自と子孫

出自
古事記では日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)の妹。
日本書紀では姥津命(ハハツノミコト)の妹。

子孫
古事記によると
開化天皇(9代)
意祁都比売命(オケツヒメノミコト)…丸邇臣(ワニノオミ)の祖先の日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)の妹
日子坐王(ヒコイマスミコ)…非常に多くの皇妃と子息子女がいる。

日本書紀によると
開化天皇(9代)
姥津媛(ハハツヒメ)…和珥臣(ワニノオミ)の遠祖の姥津命(ハハツノミコト)の妹
彦坐王(ヒコイマスノミコ)
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
開化天皇の子供たち
また丸邇臣(ワニノオミ)の祖先の日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)の妹の意祁都比売命(オケツヒメノミコト)を娶って産んだ子供は日子坐王(ヒコイマスミコ)の1柱です。

日本書紀からの引用
開化天皇(日本書紀)
次の妃である、和珥臣(ワニノオミ)の遠祖の姥津命(ハハツノミコト)の妹の姥津媛(ハハツヒメ)は彦坐王(ヒコイマスノミコ)を生みました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集