建豊波豆羅和気(タケトヨハズラワケ)

MENU
TOP>用語・神名など>建豊波豆羅和気
スポンサードリンク

建豊波豆羅和気

漢字・読みタケトヨハズラワケ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

建豊波豆羅和気(タケトヨハズラワケ)

建豊波豆羅和気(タケトヨハズラワケ)は開化天皇(9代)の皇子。
父親は開化天皇。母親は鸇比売(ワシヒメ)。
建豊波豆羅和気とその関係者は古事記のみの登場で、日本書紀には一切記述がない。
建豊波豆羅和気の子孫に道守臣(チモリノオミ)・忍海部造(オシヌミベノミヤツコ)・御名部造(ミナベノミヤツコ)・稲羽の忍海部(オシヌミベ)・丹波(タニハ)の竹野別(タケノワケ)・依網(ヨサミ)の阿毘古(アビコ)等が挙げられている。

母の鸇比売(ワシヒメ)は「葛城の垂見宿禰(タルミノスクネ)の娘」であり、建豊波豆羅和気も葛城の血統を引く関係者だと思われる。
スポンサードリンク

勘注系図

子孫の中の丹波(タニハ)の竹野別(タケノワケ)は籠神社の社家の海部氏に伝わる「勘注系図」によると由碁理(ユゴリ)と同一人物だとある。由碁理は開化天皇の妃の一人、竹野比売(タカノヒメ)の親とある。つまり、開化天皇の息子の子孫が、開化天皇の別の妃の親だということ。これは矛盾している。ただし、これは「勘注系図」と合わせれば矛盾するだけで、古事記単独ではその記載はなく矛盾はない。しかしながら、のちにヤマトタケル景行天皇の皇子でありながら、景行天皇の妃の曽祖父でもあるという、矛盾した記述があ理、よく似ているのでなんとも言えない。
スポンサードリンク

出自と子孫

古事記のみ。
開化天皇(9代)
鸇比売(ワシヒメ)
建豊波豆羅和気(タケトヨハズラワケ)…道守臣・忍海部造・御名部造・稲羽の忍海部・丹波の竹野別・依網の阿毘古等の祖先

古事記からの引用

開化天皇の子供たち
葛城の垂見宿禰(タルミノスクネ)の娘の鸇比売(ワシヒメ)を娶って産んだ子供は、建豊波豆羅和気(タケトヨハズラワケ)です。

開化天皇について
先に述べた建豊波豆羅和気王(タケトヨハヅラワケノミコ)は、道守臣(チモリノオミ)・忍海部造(オシヌミベノミヤツコ)・御名部造(ミナベノミヤツコ)・稲羽の忍海部(オシヌミベ)・丹波(タニハ)の竹野別(タケノワケ)・依網(ヨサミ)の阿毘古(アビコ)等の祖先です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集