小俣王(コマタノミコ)

MENU
TOP>用語・神名など>小俣王
スポンサードリンク

小俣王

漢字・読みコマタノミコ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

小俣王(コマタノミコ)

小俣王(コマタノミコ)は皇族。
父親は日子坐王(ヒコイマス王)。
日子坐王(ヒコイマス王)は開化天皇(9代)の皇子。
父親が日子坐王。母親が山代の荏名津比売(エナツヒメ)。
生まれた子供が
大俣王(オオマタ王)
小俣王(コマタ王)…当麻勾君(タギマノマガリノキミ)の祖先
志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)…佐々君(ササノキミ)の祖先

日本書紀には小俣王(コマタノミコ)とその兄弟の記述はない。
子孫に当麻勾君(タギマノマガリノキミ)。
スポンサードリンク

タギマ

「タギマ」という名前を含む氏族は古事記では
当摩之咩斐(タギマノメヒ)…アメノヒボコの子孫
当麻倉首比呂(タギマノクラノオビトヒロ)…用明天皇の后と子息子女

日本書紀では
當摩蹶速(タギマノクエハヤ)…垂仁天皇(十)初めての相撲
当麻公(タギマノキミ)の祖先…用明天皇(三)皇后と子息子女
当麻皇子(タギマノミコ)…推古天皇(十五)当麻皇子の出征と妻の舎人姫王の死
当摩公広嶋(タギマノキミヒロシマ)…天武天皇(十二)近江朝廷の対応
当麻真人広麻呂(タギマノマヒトヒロマロ)…天武天皇(四十四)貸税・竜田の立野の風神・広瀬の河曲の大忌神天武天皇(百十九)天皇は飛鳥寺で珍宝を仏に奉る
当摩公豊浜(タギマノキミトヨハマ)…天武天皇(八十四)律令と法式・草壁皇子尊の立太子
当摩公楯(タギマノキミタテ)…天武天皇(八十八)大解除と祓柱の奴婢・皇后は誓願して大斎
当麻公(タギマノキミ)…天武天皇(百十一)八色之姓
当麻真人国見(タギマノマヒトクニミ)…天武天皇(百三十六)発哭と各人の誄持統天皇(六十三)東宮大傅と春宮大夫の任命・満選者に位を
当麻真人智徳(タギマノマヒトチトコ)…持統天皇(十一)楯節儛を奏じる・大内陵に葬る
当麻真人桜井(タギマノマヒトサクライ)…持統天皇(十三)筑紫の防人は満年になれば交替させなさい
当摩真人智徳(タギマノマヒトチトコ)…持統天皇(三十七)伊勢行幸

などがいます。
「タギマ」は地名ですから、全員に血縁関係があるとは思えないですし、用明天皇以降の当麻公は麻呂子皇子(マロコノミコ)が当麻公の祖先とあるので、麻呂子皇子の子孫だろうと思います。だから小俣王と関係があるかどうかは怪しいです。
スポンサードリンク

出自と子孫

古事記によると
日子坐王(ヒコイマス王)
荏名津比売(エナツヒメ)…別名は苅幡戸弁(カリハタトベ)
大俣王(オオマタ王)…子に曙立王(アケタツノミコ)・菟上王(ウナカミノミコ)
小俣王(コマタ王)…当麻勾君(タギマノマガリノキミ)
志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)…佐々君(ササノキミ)の祖先

日本書紀には記述なし。

古事記からの引用

開化天皇の孫たち
日子坐王(ヒコイマス王)が山代の荏名津比売(エナツヒメ)…別名は苅幡戸弁(カリハタトベ)を娶った産んだ子が大俣王(オオマタ王)、小俣王(コマタ王)、志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)の三柱です。

日子坐王の子孫
ヒコイマス王の第二子の小俣君(オマタノミコ)は当麻勾君(タギマノマガリノキミ)の祖先です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集