志夫美宿禰王(シブミノスクネノキミ)

MENU
TOP>用語・神名など>志夫美宿禰王
スポンサードリンク

志夫美宿禰王

漢字・読みシブミノスクネノキミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

志夫美宿禰王(シブミノスクネノキミ)

志夫美宿禰王は皇族。
古事記にのみ登場する。日本書紀には記述がない。
父親は日子坐王(ヒコイマス王)。
母親は山代の荏名津比売(エナツヒメ)…別名は苅幡戸弁(カリハタトベ)。
日子坐王(ヒコイマス王)は開化天皇(9代)の皇子。
よって志夫美宿禰王は開化天皇の孫にあたる。
佐々君(ササノキミ)の祖先。
兄弟には
大俣王(オオマタ王)
小俣王(コマタ王)…当麻勾君(タギマノマガリノキミ)の祖先
志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)…佐々君(ササノキミ)の祖先

がいて、
大俣王(オオマタ王)には
曙立王(アケタツノミコ)品遅部君(ホムヂベノキミ)・伊勢の佐那造(サナノミヤツコ)の祖先
菟上王(ウナカミノミコ)…比売陀君(ヒメダノキミ)の祖先

の子供がいる。

関係する神社
志布比神社…京都府京丹後市丹後町大山922
佐波加刀神社…滋賀県長浜市木之本町川合1277
など
スポンサードリンク

出自と子孫

古事記によると
日子坐王(ヒコイマス王)
荏名津比売(エナツヒメ)…別名は苅幡戸弁(カリハタトベ)
大俣王(オオマタ王)…子に曙立王(アケタツノミコ)・菟上王(ウナカミノミコ)
小俣王(コマタ王)…当麻勾君(タギマノマガリノキミ)
志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)…佐々君(ササノキミ)の祖先

日本書紀には記述なし。

子孫
佐々君(ササノキミ)

古事記からの引用

開化天皇の孫たち
日子坐王(ヒコイマス王)が山代の荏名津比売(エナツヒメ)…別名は苅幡戸弁(カリハタトベ)を娶った産んだ子が大俣王(オオマタ王)、小俣王(コマタ王)、志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)の三柱です。

日子坐王の子孫
ヒコイマス王の第三子の志夫美宿禰王(シブミノスクネノミコ)は、佐々君(ササノキミ)の祖先です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集