建国勝戸売(タケクニカツトメ)

MENU
TOP>用語・神名など>建国勝戸売
スポンサードリンク

建国勝戸売

漢字・読みタケクニカツトメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

建国勝戸売(タケクニカツトメ)

古事記に登場する人物。日本書紀には記述がない。
活躍はなく、系譜だけの記述。
女性。
出自に関しては「春日」であることしかない。
子供に垂仁天皇(11代)の皇后となった沙本毘売命(サホビメ命)がおり、沙本毘売命とともに反乱した沙本毘古王(サホビコ王)も子供。
スポンサードリンク

物語・由来

女系の証拠か
おそらく女性。皇后の母の親が女性の名前しか記述がないということは、女系だってことです。女性が権力者で、その女性が生んだ子供に権力が引き継がれる。娘の大闇見戸売(オオクラミトメ)は何人姉妹かのうちの一人だった。その一人を天皇の皇后に出す、ということは春日が朝廷に影響力を持つということであり、同時に春日が朝廷に恭順したという意味でもある。

個人的には、サホビメとサホビコの反乱の物語は、もともとに建国勝戸売の関係の神話…季節神話で、それが大和朝廷の中に取り込まれた結果ではないかと。
スポンサードリンク

子と孫

古事記では
日子坐王(ヒコイマスミコ)
沙本大闇見戸売(オオクラミトメ)…建国勝戸売(タケクニカツトメ)の娘
沙本毘古王(サホビコ王)…日下部連(クサカベノムラジ)・甲斐国造(カヒノクニノミヤツコ)の祖先
袁耶本王(オザホ王)…葛野之別(カヅノワケ)・近淡海(チカツアフミ)の蚊野之別(カノノワケ)
沙本毘売命(サホビメ命)…別名を佐波遅比売(サワジヒメ)・垂仁天皇との間に品牟都和気命をもうける。
室毘古王(ムロビコ王)…若狭(ワカサ)の耳別(ミミノワケ)の祖先

日本書紀では記述はない。
スポンサードリンク

古事記からの引用

開化天皇の孫たち
またヒコイマス王が春日の建国勝戸売(タケクニカツトメ)の娘の沙本大闇見戸売(オオクラミトメ)を娶って産んだ子が沙本毘古王(サホビコ王)、袁耶本王(オザホ王)、沙本毘売命(サホビメ命)――別名を佐波遅比売(サワジヒメ)です。このサホビメ命は伊久米天皇の后となりました。次に室毘古王(ムロビコ王)の4柱です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集