袁耶本王(オザホ王)

MENU
TOP>用語・神名など>袁耶本王
スポンサードリンク

袁耶本王

漢字・読みオザホノミコ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

袁耶本王(オザホ王)

袁耶本王(オザホ王)は古事記に登場する人物。
皇族。
性別がハッキリと分かる記述はない。
古事記にしか登場せず、日本書紀には一切登場しない。
対応すると思われる人物名もない。
父親は日子坐王(ヒコイマスミコ)。
母親は沙本大闇見戸売(オオクラミトメ)。
子孫に葛野之別(カヅノワケ)・近淡海(チカツアフミ)の蚊野之別(カノノワケ)がある。

父親のヒコイマスは開化天皇(9代)の皇子。
袁耶本王(オザホ王)は開化天皇の孫。
よって地位的には低くないはず。

兄弟は
沙本毘古王(サホビコ王)
袁耶本王(オザホ王)
沙本毘売命(サホビメ命)…別名、佐波遅比売(サワジヒメ)で垂仁天皇の皇后。
室毘古王(ムロビコ王)

と四人兄弟の第二子で次男。
スポンサードリンク

名前から考える

サホは地名だろうと思われますが、「サ」=稲霊、「ホ」=穂で、穀物神を表す言葉ではないかとも思われます。と考えると兄弟は、サホビコ・サホビメ・オザホ・ムロビコですから、オザホも「オ」+「サホ」と考えれば、サホビコと名前の付け方はほぼ一緒。ちなみに、サホビメは垂仁天皇(11代)の皇后となって、サホビコとともに反乱を起こすという大事件を起こします。しかし、古事記によれば、サホビメ以外は全員が子孫を残していて、果たしてこの反乱は「史実であったか?」というと神話を取り込んだ結果だろうと私は考えています。
スポンサードリンク

古事記からの引用

開化天皇の孫たち
またヒコイマス王が春日の建国勝戸売(タケクニカツトメ)の娘の沙本大闇見戸売(オオクラミトメ)を娶って産んだ子が沙本毘古王(サホビコ王)、袁耶本王(オザホ王)、沙本毘売命(サホビメ命)――別名を佐波遅比売(サワジヒメ)です。このサホビメ命は伊久米天皇の后となりました。次に室毘古王(ムロビコ王)の4柱です。

日子坐王の子孫
ヒコイマス王の第五子の袁耶本王(ヲギホノミコ)は、葛野之別(カヅノワケ)・近淡海(チカツアフミ)の蚊野之別(カノノワケ)の祖先です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集