室毘古王(ムロビコノミコ)

MENU
TOP>用語・神名など>室毘古王
スポンサードリンク

室毘古王

漢字・読みムロビコノミコ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

室毘古王(ムロビコノミコ)

室毘古王(ムロビコノミコ)は古事記に登場する人物名。
皇族。
性別は不明。
古事記に登場するが日本書紀には見られない。
父親は日子坐王(ヒコイマスミコ)。母親は春日の建国勝戸売(タケクニカツトメ)の娘の沙本大闇見戸売(オオクラミトメ)。
兄弟は
沙本毘古王(サホビコ王)
袁耶本王(オザホ王)
沙本毘売命(サホビメ命)…別名、佐波遅比売(サワジヒメ)で垂仁天皇(11代)の皇后。
室毘古王(ムロビコ王)

がいます。
子孫
若狭耳別(ワカサノミミノワケ)。

父親の日子坐王(ヒコイマスミコ)は開化天皇(9代)の皇子。室毘古王(ムロビコノミコ)も皇族で、血統は申し分はないです。物語上、兄のサホビコが垂仁天皇を暗殺して皇位を狙った事件があります。詳細は沙本毘古王(サホビコ王)・沙本毘売命(サホビメ命)のところをどうぞ。
スポンサードリンク

古事記からの引用

開化天皇の孫たち
またヒコイマス王が春日の建国勝戸売(タケクニカツトメ)の娘の沙本大闇見戸売(オオクラミトメ)を娶って産んだ子が沙本毘古王(サホビコ王)、袁耶本王(オザホ王)、沙本毘売命(サホビメ命)――別名を佐波遅比売(サワジヒメ)です。このサホビメ命は伊久米天皇の后となりました。次に室毘古王(ムロビコ王)の4柱です。

日子坐王の子孫
ヒコイマス王の第六子の室毘古王(ムロビコノキミ)は、若狭(ワカサ)の耳別(ミミノワケ)の祖先です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集