神大根王(カムオオネ王)

MENU
TOP>用語・神名など>神大根王
スポンサードリンク

神大根王

漢字・読みカムオオネノミコ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

神大根王(カムオオネ王)

大根王(カムオオネ王)は古事記に見られる人物。
皇族。
古事記にのみ登場し、日本書紀には見られない。
これといった活躍はない。
表記
古事記には神大根王(カムオオネ王)、別名が八瓜入日子王(ヤツリノイリヒコ王)とある。
日本書紀にはない。
出自
父親は日子坐王(ヒコイマス王)。
日子坐王(ヒコイマス王)は開化天皇(10代)の皇子。
母親は近淡海(チカツアフミ)の御上祝が信奉する天之御影神(アメノミカゲ神)の娘で息長水頼比売(オキナガノミズヨリヒメ)。
スポンサードリンク

出自と子孫のまとめ

日子坐王(ヒコイマス王)
息長水頼比売(オキナガノミズヨリヒメ)…近淡海(チカツアフミ)の御上祝が信奉する天之御影神(アメノミカゲ神)の娘
丹波比古多々須美知能宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシ王)…垂仁天皇の皇后の日葉酢媛などの親
水穂之真若王(ミズホノマワカ王)…近淡海(チカツアフミ)の安直(ヤスノアタヒ)の祖先
大根王(カムオオネ王)…別名は八瓜入日子王(ヤツリノイリヒコ王)・三野国(ミノノクニ)の本巣国造(モトスノクニノミヤツコ)・長幡部連(ナガハタベノムラジ)の祖先
水穂五百依比売(ミズホノイホヨリヒメ)
御井津比売(ミイツヒメ)

子孫
三野国(ミノノクニ)の本巣国造(モトスノクニノミヤツコ)
長幡部連(ナガハタベノムラジ)
スポンサードリンク

解説

名前から考える
神大根王(カムオオネ王)の「根」とは根の国のことでしょう。
日本人は地下に死者の国があると考えていた。しかし、日本人にとって死者とは神でもある。死者の国とは神が住む国で、その神の国には当然のように穀物神がいる。「根」とは穀物神を期待した言葉だった。兄弟の名前を見れば、「水穂」「御井」とあり、父親は「ヒコイマス」という太陽神っぽい名前。母親は「息長水頼比売」と水神の女神の名前。この一家全体で、地域の神話体系だったのではないかなと。

古事記からの引用

日子坐王の子供たち
また、日子坐王(ヒコイマス王)は近淡海(チカツアフミ)の御上祝が信奉する天之御影神(アメノミカゲ神)の娘で息長水頼比売(オキナガノミズヨリヒメ)を娶って産んだ子供が、丹波比古多々須美知能宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシ王)、水穂之真若王(ミズホノマワカ王)、神大根王(カムオオネ王)――別名は八瓜入日子王(ヤツリノイリヒコ王)、水穂五百依比売(ミズホノイホヨリヒメ)、御井津比売(ミイツヒメ)の5柱です。

息長帯比売命への系譜
神大根王(カムオホネノミコ)は、三野国(ミノノクニ)の本巣国造(モトスノクニノミヤツコ)・長幡部連(ナガハタベノムラジ)の祖先です
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集