八瓜入日子王(ヤツリノイリヒコ王)

MENU
TOP>用語・神名など>八瓜入日子王
スポンサードリンク

八瓜入日子王

漢字・読みヤツリノイリヒコノミコ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

八瓜入日子王(ヤツリノイリヒコ王)

八瓜入日子王(ヤツリノイリヒコ王)は古事記に登場する人物。
古事記にのみ登場し、日本書紀には見られない。
神大根王(カムオホネノミコ)の別名。
子孫の名前はあげられているが活躍はない。
出自
父親は日子坐王(ヒコイマス王)。
日子坐王(ヒコイマス王)は開化天皇(10代)の皇子。
母親は近淡海(チカツアフミ)の御上祝が信奉する天之御影神(アメノミカゲ神)の娘で息長水頼比売(オキナガノミズヨリヒメ)。
子孫
神大根王(カムオホネノミコ)の子孫として三野国(ミノノクニ)の本巣国造(モトスノクニノミヤツコ)・長幡部連(ナガハタベノムラジ)が挙げられている。
その他
詳細は神大根王(カムオホネノミコ)を参考に。
日本神話では本名が挙げられた後に、別名が記載された場合、別名の方がよりその神の性質を表していることが多いが、八瓜入日子王に関してはよくわからない。「瓜」の文字が当てられていることと、「日子」とある以上は、穀物神の性質を持っているのだと思われます。
スポンサードリンク

古事記からの引用

日子坐王の子供たち
また、日子坐王(ヒコイマス王)は近淡海(チカツアフミ)の御上祝が信奉する天之御影神(アメノミカゲ神)の娘で息長水頼比売(オキナガノミズヨリヒメ)を娶って産んだ子供が、丹波比古多々須美知能宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシ王)、水穂之真若王(ミズホノマワカ王)、神大根王(カムオオネ王)――別名は八瓜入日子王(ヤツリノイリヒコ王)、水穂五百依比売(ミズホノイホヨリヒメ)、御井津比売(ミイツヒメ)の5柱です。

息長帯比売命への系譜
神大根王(カムオホネノミコ)は、三野国(ミノノクニ)の本巣国造(モトスノクニノミヤツコ)・長幡部連(ナガハタベノムラジ)の祖先です
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集