比古意須王(ヒコオス王)

MENU
TOP>用語・神名など>比古意須王
スポンサードリンク

比古意須王

漢字・読みヒコオスノミコ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

比古意須王(ヒコオス王)

比古意須王(ヒコオス王)は古事記に登場する人物。
おそらく男性(ヒコとあるので)。
古事記にのみ登場し日本書紀には見られない。
活動はなく、子孫の記述もない。
出自
父親は日子坐王(ヒコイマス王)。
日子坐王(ヒコイマス王)は開化天皇(9代)の皇子。
母親は袁祁都比売命(オケツヒメノミコト)。
袁祁都比売命(オケツヒメノミコト)は丸邇臣(ワニノオミ)の祖先の日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)の娘であり、袁祁都比売命(オケツヒメノミコト)から見て意祁都比売命(オケツヒメノミコト)は姉。つまり、日子坐王(ヒコイマス王)は母親の妹・・・叔母と結婚したことになる。
名前について
ヒコは本来は「日子」。太陽の使者、太陽の子という意味。実際に太陽の使者という性質があったのかもしれないけど、単に「男」という程度の意味なのかもしれない。「オス」は分からないが皇族の名前によく「オシヒト」や「オシ」があるので、それと同じではないかと。それが母親と叔母の「袁祁(オケ)」「意祁(オケ)」と同じか。
スポンサードリンク

出自と子孫

出自
古事記によると
日子坐王(ヒコイマス王)
袁祁都比売命(オケツヒメノミコト)…丸邇臣(ワニノオミ)の祖先の日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)の娘で、意祁都比売命(オケツヒメノミコト)の妹
大筒木真若王(オオツツキマワカ王)…子供に迦邇米雷王(カニメイカヅチノミコ)
比古意須王(ヒコオス王)
伊理泥王(イリネ王)…娘が丹波の阿治佐波毘売(アヂサハビメ)

日本書紀には記述はない。
子孫
古事記にも日本書紀にも記述はない。
スポンサードリンク

古事記からの引用

日子坐王の子供たち
また日子坐王(ヒコイマス王)が母の妹の袁祁都比売命(オケツヒメ命)を娶って産んだ子供が大筒木真若王(オオツツキマワカ王)、比古意須王(ヒコオス王)、伊理泥王(イリネ王)の三柱です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集