大俣王(オオマタノキミ)

MENU
TOP>用語・神名など>大俣王
スポンサードリンク

大俣王

漢字・読みオオマタノキミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

大俣王(オオマタノキミ)

大俣王(オオマタノキミ)は皇族。
父親は日子坐王(ヒコイマス王)。日子坐王は開化天皇(9代)の皇子。母親は山代の荏名津比売(エナツヒメ)。荏名津比売の出自は「山代」以外の情報はない。
性別は不明。
兄弟には
大俣王(オオマタ王)
小俣王(コマタ王)…当麻勾君(タギマノマガリノキミ)の祖先
志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)…佐々君(ササノキミ)の祖先

がいて、三人兄弟の長兄。

さらに大俣王には
曙立王(アケタツノミコ)品遅部君(ホムヂベノキミ)・伊勢の佐那造(サナノミヤツコ)の祖先
菟上王(ウナカミノミコ)…比売陀君(ヒメダノキミ)の祖先

の兄弟がいる。ただし大俣王の配偶者(妻)の記述はない。
この曙立王菟上王は古事記の中で、垂仁天皇の皇子のホムチワケが出雲へ行く際に同行し、サポートしている。また占いし、誓約をしている。また、品遅部の設置に関わっている。つまり、それなりに強い霊威を持ち、権力・影響力を持った血統だったと思われます。
日本書紀には曙立王菟上王の名前は出ませんが、「ホムツワケノミコト」は登場し、活動する物語があり、本来はここに関わっているはずです。

大俣王と小俣王と兄弟になっている。これは「大国主と小名毘古那」という「大小コンビ」と同じ。また三兄弟のうち二人がセットになっている名前で、一人が関係ないというパターンは、「海幸+山幸+もう一人」のパターンと同じ。
スポンサードリンク

出自と子と子孫

出自
古事記によると
日子坐王(ヒコイマスミコ)
荏名津比売(エナツヒメ)…別名は苅幡戸弁(カリハタトベ)
大俣王(オオマタ王)…子に曙立王(アケタツノミコ)・菟上王(ウナカミノミコ)
小俣王(コマタ王)
志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)

日本書紀には記述なし


古事記によると
大俣王(オオマタ王)
配偶者記述なし
曙立王(アケタツノミコ)品遅部君(ホムヂベノキミ)・伊勢の佐那造(サナノミヤツコ)の祖先
菟上王(ウナカミノミコ)…比売陀君(ヒメダノキミ)の祖先

日本書紀には記述なし
スポンサードリンク

古事記からの引用

開化天皇の孫たち
日子坐王(ヒコイマス王)が山代の荏名津比売(エナツヒメ)…別名は苅幡戸弁(カリハタトベ)を娶った産んだ子が大俣王(オオマタ王)、小俣王(コマタ王)、志夫美宿禰王(スブミノスクネ王)の三柱です。

日子坐王の子孫
ヒコイマス王(=開化天皇の子供)の第一子の大俣王(オオマタノミコ)の子供は、曙立王(アケタツノミコ)と菟上王(ウナカミノミコ)のニ柱です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集