意富阿麻比売(オオアマヒメ)

MENU
TOP>用語・神名など>意富阿麻比売
スポンサードリンク

意富阿麻比売

漢字・読みオオアマヒメ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

意富阿麻比売(オオアマヒメ)

意富阿麻比売(オオアマヒメ)は古事記に登場する人物。
女性。
崇神天皇(10代)の妃の一人。
古事記でも日本書紀でも「尾張」の人物であるとあり、古事記には「尾張連の祖先」とある。また日本書紀の記述では「尾張大海媛」とあるので、海に関わる氏族の人物か、海人族の信仰する女神だと思われます。
崇神天皇の妃となった以外には活躍の記述はない。
ただし、子は活躍しているす、子孫の記述がある。

古事記によれば子供の一人は大入杵命(オオイリキノミコト)だとして、能登臣の祖先とある。尾張…現在の愛知県の氏族の子供が能登半島の氏族の祖先となるのは、不思議に思う。ただし、この大入杵命日本書紀には登場しない。

日本書紀によると子供の八坂入彦命の娘たちは景行天皇(12代)の妃となり、そのうち八坂入媛は成務天皇(13代)を生んでいる。子供の一人、淳名城入姫命は崇神天皇の時代に「倭大国魂を祀るが髪が抜け落ちる」というエライ目に合っている。
記述
古事記では意富阿麻比売(オオアマヒメ)。
日本書紀では尾張大海媛(オワリノオオアマヒメ)。
出自
古事記によれば尾張連の祖先。
スポンサードリンク

子と子孫

古事記によると
崇神天皇御真木入日子印恵命
意富阿麻比売(オオアマヒメ)…尾張連の祖先
大入杵命(オオイリキノミコト…能登臣の祖先
八坂之入日子命(ヤサカノイリヒコノミコト…娘の八尺之入日売命景行天皇の妃に
沼名木之入日売命(ヌナキノイリヒメノミコト)
十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)


日本書紀によると
崇神天皇…御間城入彦五十瓊殖天皇
尾張大海媛(オワリノオオアマヒメ)
八坂入彦命(ヤサカノヒリヒコノミコト)…娘に弟媛・八坂入媛。どちらも景行天皇の妃。
淳名城入姫命(ヌナキノイリヒメノミコト)…倭大国魂を祀るが髪が抜け落ちる
十市瓊入姫命(トオチニイリヒメノミコト)
スポンサードリンク

引用

古事記からの引用
祟神天皇の后妃と御子
尾張連の祖先の意富阿麻比売(オオアマヒメ)を娶って産んだ子供が
大入杵命(オオイリキノミコト)
八坂之入日子命(ヤサカノイリヒコノミコト)
沼名木之入日売命(ヌナキノイリヒメノミコト)
十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)
です。

日本書紀からの引用
崇神天皇(二)崇神天皇の皇后と妃とその子供たち(日本書紀)
次の妃の尾張大海媛(オワリノオオアマヒメ)は八坂入彦命(ヤサカノヒリヒコノミコト)・淳名城入姫命(ヌナキノイリヒメノミコト)・十市瓊入姫命(トオチニイリヒメノミコト)を生みました。

景行天皇(四)弟媛は鯉の遊戯に誘われて
即位4年春2月11日。
天皇は美濃に行きました。
左右(モトコ=側近)が言いました。
「この国に佳人(カオヨキオミナ=美人)が居ます。弟媛(オトヒメ)といいます。容姿(カオ)は端正(キラギラ)しいです。八坂入彦皇子(ヤサカノイリビコノミコ=崇神天皇の息子)の娘です」
天皇は(弟媛を)得て妃にしたいと思って、弟媛の家へと行きました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集