落ちて隠り入りし間に火は焼け過ぎき

MENU
TOP>大国主>落ちて隠り入りし間に火は焼け過ぎき
スポンサードリンク

落ちて隠り入りし間に火は焼け過ぎき

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

如此言へる故に、其処を蹈みしかば、落ちて隠り入りし間に火は焼け過ぎき。爾に其の鼠、其の鳴鏑を咋ひ持ちて、出で来て奉りき。其の矢の羽は、其の鼠の子等皆喫ひつ。

現代語訳

オオナムチはその場を踏みしめました。
すると、地面下が空洞になっていて
踏みしめた地面が割れて
落下してしまいました。
そのまま隠れている間に野火は焼きつくして消えてしまいました。
そのネズミが、鏑矢(カブラヤ)を咥えて出て来て、オオナムチに渡しました。
矢の羽はそのネズミの子供が食いちぎっていました。
スポンサードリンク

解説

前頁でネズミが言った「ホラホラ、スブスブ」というのは、中は広がっているのに、外は狭まっているという意味で、地面下が空洞になっているという意味です。ただ踏みしめて地面が割れて……という訳は誇張があるかもしれませんよ。
ネズミが矢の羽を食いちぎった理由は?
なにかあるのでしょうか??
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集