不法VS不法…釜山少女像反対派の試みの根底にある韓国の問題

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>不法VS不法…釜山少女像反対派の試みの根底にある韓国の問題
スポンサードリンク

不法VS不法…釜山少女像反対派の試みの根底にある韓国の問題

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●釜山慰安婦像反対派の団体が、すぐそばに元大統領(李承晩・朴正煕)の胸像を置こうとしたが阻まれた。
●釜山の慰安婦像は不法な場所に設置されている。
●慰安婦像が設置できるのであれば、元大統領の胸像も設置できる…という理屈だが、役所に阻まれた。
●韓国では道徳が重んじられ、法よりも道徳が大事。
●慰安婦像の不法設置が認められ、胸像が認められない境目は「韓国人の道徳」にある。
●韓国では、法律より道徳が優先されることを、司法が認めている。
●これでは法治国家とはいえない。
スポンサードリンク

不法VS不法

記事
釜山少女像反対派の団体 元大統領像の設置試み制止される
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/04/21/0400000000AJP20170421003700882.HTML 


韓国は儒教の国で、儒教は道徳によって社会を安定させようという考えです。道徳的に正しいということは、法律を凌駕してしまうほどに正しく、上位に位置するものです。だから慰安婦という「善」は何よりも正しく…法律よりも上位になります。

慰安婦像が設置されている釜山の場所は、あくまで設置しちゃいけない場所なんです。公的な場所に…勝手に設置しちゃいけない場所に、民間団体が不法に設置しているんですね。これがまず不法。ところが儒教を基にした徳治主義の韓国では慰安婦問題という「善」が、そのような不法など吹っ飛ばしてしまう。だから慰安婦像は設置してもいいという認識になります。日本人から見れば……いやいや、儒教国以外の国から見れば、そんな道理は普通は通りません。不法なものは不法。韓国の特殊さは、このぶっ飛んだ道理を「司法が認めている」ってところです。
スポンサードリンク

司法とは情のないもの

本来、司法というのは情(ジョウ)のないものです。
例えば日本の少年法
例えば日本で少年が人を殺したら、少年法の考えのもとに少年は「更生」を目指すことになります。「人を殺しておいて更生って、被害者のことは考えてないじゃないか!」と世間が批判しても司法はそういう訳にはいきません。司法は法律で定められたルールで判断するのが仕事であって、その時々で法律を無視して判決を下す訳にはいきません。世間の空気を読み、法律を無視して判決を下したら司法とは言えない。法治国家じゃない。だから司法は批判されても、司法の立ち位置で判決を下す。もしも少年法が間違っているのであれば国会でこの法律を変更してくれればいいのです。そうすれば司法はそれに従って判決を下せる。でも変更してくれないならば、現状のままで判決を下すしかない。情がなくても、そうするしかありません。それが法治国家ってものです。

韓国では法律の中に…いや、正確には「法律の上」に「国民情緒法」というのがあって、国民の情緒(道徳)が司法を(悪い言い方をすると)捻じ曲げることを法律で認めています。これじゃ司法の意味がないのですが、そうなっているんだからしょうがないですね。
スポンサードリンク

アウトとセーフの境目は法ではなく道徳

だから慰安婦像は不法でも設置できる。
そして元大統領(李承晩・朴正煕)の胸像は設置できない。
その根拠…境目は法律ではなく、国民の情緒(道徳)にある訳です。
だから韓国では法律より「周囲の空気」を読むことが大事です。
法律的に問題がなくても国民の情緒(道徳)に沿っていなければアウト。
法律的に問題があっても国民の情緒(道徳)に沿っていればセーフ。

これは法治国家とは言えない。

そこで、不法の慰安婦像に不法の元大統領像(李承晩・朴正煕)をぶつけることによって社会の矛盾を明らかにしようとしている…それが釜山少女像反対派の意図なんて考える人もいますが、本当でしょうかね。私は関係ないと思います。そんな意図が仮にあったとしても意味がないでしょう。韓国人の「徳治主義」の感覚は根深くて、そう簡単には変わらない。いや、この慰安婦像(不法)VS元大統領像(不法)の構図を見て、「社会の矛盾」を理解するためには、国民情緒法が「おかしい」という前提を理解していないといけない。それはないでしょう。そんな感覚があったら、ろうそくデモに何百万人も参加する訳がない。ろうそくデモに参加して、朴槿恵が弾劾されるのは社会全体に「国民情緒法が正しい」という感覚がないと成立しないのですから。
スポンサードリンク

隣国は文化の違う国

元大統領像に社会の矛盾を浮かび上がらせようという意図があったとしても、受け取り手に土台がない以上は、そこに深い意味は無いと思います。彼らは単に不法に不法をぶつけているだけ…少なくともそうにしか見えない。「売り言葉に買い言葉」の別バージョンです。

日本人はすぐ隣に「感覚の全く違う国があるんだ」ということを理解しておかないといけません。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集