墨坂神(スミサカノカミ)

MENU
TOP>用語・神名など>墨坂神
スポンサードリンク

墨坂神

漢字・読みスミサカノカミ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

墨坂神(スミサカノカミ)は古事記・日本書紀に登場する神の名前。
八咫烏神社か宇太水分神社がその神社だった?とも。
どんな性質の神がわからない。
性別も不明。
子孫・配偶者などは登場しない。
崇神天皇の時代に登場
古事記の崇神天皇の時代に、疫病になり国が荒れた。
その原因を追求していた崇神天皇はついには「大物主を、大物主子孫である意富多々泥古命に祀らせる」ことで解決した。その中で「宇陀の墨坂神(スミサカノカミ)に赤い盾と矛を収めました」と書いてある。日本書紀のもほぼ同じことが書かれている。

盾も鉾もおそらく宗教儀式のアイテムで、神をしっかりと祀ることで災厄を避けるという意味だと思われます。大物主は大国主と同一とされる重要な神です。それを祀るのはともかく、大阪神・墨坂神を特別に記述して祀ったというのは、この二柱の神がかなり重要な存在だったということです。
スポンサードリンク

地名としての墨坂は既出

地名としての墨坂は神武東征の時点から登場し、地名説話も書かれています。墨坂神は崇神天皇の時代に初めて登場したのではなく、それ以前から居て、重要視されていたのではないかと思います。
ただし「墨坂神」という神としての描かれ方は崇神天皇から。神武天皇の時点ではあくまで「地名」。それでも日本人にとってあらゆるものが「神」である以上、「墨坂」とは地名であるだけでなく、神の名前でもあると考えて差し支えないでしょう。

性質について

ところで雄略天皇が「朕(ワレ)は三諸丘(ミモロノオカ)の神の形を見ようと思う」と発言し、その注釈に
別の伝によると、この山の神を大物主神(オオモノヌシノカミ)といいます。
また別の伝によると菟田(ウダ)の墨坂神(スミサカノカミ)だともいいます。

とあります。大物主と墨坂神は近い性質を持った神という認識があったのかもしれません。

このように雄略天皇の時代の記述にも…異説扱いではありますが、「墨坂神」の名前が見られます。古代において重要なだけでなく、割とのちの時代でも特別視されていたよう。それでもその後には一切登場しないんで、アレですが。
スポンサードリンク

古事記からの引用

大物主神の祟りは収まる
すぐに意富多々泥古命(オオタタネコ)を神主として、三輪山にオオミワ大神を奉りました。
また伊迦賀色許男命(イカガシコオ命)に命令して、お皿を作り、天津神国津神の神社に収めました。
また宇陀の墨坂神(スミサカノカミ)に赤い盾と矛を収めました。
また大坂神(オオサカ)に黒い盾と矛を収めました。
また坂の神や河の瀬の神にいたるまで、全てお供えをして祭りました。
これですっかりと疫病は無くなり、国は平和になりました。

日本書紀からの引用

九月甲子朔戊辰(一)天平瓮と嚴瓮と酒と嚴呪詛
また、八十梟帥(ヤソタケル)は女坂(メサカ)に女軍(メイクサ=女子の軍隊)を置きました。男坂(オサカ)に男軍(オイクサ=男の軍隊)を置きました。墨坂(スミサカ)に焃炭(オコシズミ=炭火)を置きました。この女坂・男坂・墨坂の地名はこういう由来です。

十有一月癸亥朔己巳(二)椎根津彦の進言
椎根津彦(シイネツヒコ)が計略を言いました。
「今はまず、我らの女軍(メイクサ)を派遣して、忍坂(オシサカ)の道から出陣させます。すると敵はそれを見て、必ず鋭(トキツハモノ=先鋭部隊のこと?)を攻めて来るでしょう。わたしは強い兵を率いて、すぐに墨坂を目指し、菟田川の水を取り、その炭の火に注いで(火を消して)、儵忽(ニハカ=わずかな)な間に、敵の意表をつけば打ち破るのは間違いありません」

十有一月癸亥朔己巳(三) 楯並めて伊那佐の山の
それで男軍(オイクサ)は墨坂を越えて、後ろから敵軍を挟み撃ちにして撃破しました。その梟帥(タケル)である兄磯城等(エシキラ)を斬りました。

崇神天皇(十)墨坂神と大坂神(日本書紀)
崇神天皇即位9年春3月15日。崇神天皇の夢に神人(カミ)が現れて教えてくれました。
「赤盾(アカタテ)8枚。赤矛(アカホコ)8竿で墨坂神(スミサカノカミ=大和国宇陀郡宇太水分神社=奈良県宇陀郡蓁原町下井足?)に祀れ。また、黒盾(クロタテ)8枚、黒矛(クロホコ)8竿を大坂神(オオサカノカミ=大坂山口神社=奈良県北葛城郡香芝町穴虫)に祀れ」
といいました。
4月16日。夢での教えの通りに、墨坂神と大坂神を祀りました。

雄略天皇(二十一)三諸丘の大蛇と少子部連蜾蠃と雷
即位7年秋7月3日に天皇は少子部連蜾蠃(チイサコベノムラジスガル)に詔して言いました。
「朕(ワレ)は三諸丘(ミモロノオカ)の神の形を見ようと思う。
別の伝によると、この山の神を大物主神(オオモノヌシノカミ)といいます。
また別の伝によると菟田(ウダ)の墨坂神(スミサカノカミ)だともいいます。
お前は膂力(チカラ=筋肉の力)は人ではないほどだ。自ら行って捉えて来い」
蜾蠃(スガル)は答えて言いました。
「試しに行って捉えてみましょう」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集